捨てられた皇妃ネタバレ109。 捨てられた皇妃【135話】最新話のネタバレと感想!

」 「気がついたか」と、侯爵。 第一騎士団13分隊・分隊長カルセイン他9人に健闘を称え、記章と剣を授けると表彰される。 カルセインの怪我の具合を労るルブリスに、ツンケンしながら神官のお礼を言うカルセイン。 捨てられた皇妃第108話のあらすじをネタバレでお伝えしました。 第一騎士団の見習い騎士(団長補佐官)になり、忙しい日々を送る• アレンディスは自分のせいだと苦悩します。 アリスティアのことを忌み嫌う。 見なかったことにして、こっそりその場を去ろうとするが、ガサっと音を立ててしまい、ルブリスにバレる。 陛下は自分以外、彼に厳しくすることが出来ないと言い、厳しくする理由を語りました。 ケイルアンとラス公爵は、貴族派が騒ぎを起こしてくれたおかげで、リサ国とルア国を制御下に置くことができたと話す。
50
雨も止み、緑には雫が光り輝いています。 あまり人に慣れていないようですと言うディマルクに、そうなんだ、さすが草頭が置いてった猫だとカルセイン。 皇帝と魔法使いの仲が悪くなり、魔法使いはいなくなってしまいましたが、皇宮では魔法がかけられたままで冬を越すことができなくなってしまい・・・結局遷都して夏の別宮は避暑地になったのです。 そして皇后には貴族派の息のかかった令嬢を据えて、皇室を操りたいと考えています。 アリスティアたちは突然、迷子探しをしていました。 アリスティアの幻影に話しかけ・・・僕だってわかっているよ・・・もう他に何も方法がないということは・・・とつぶやいていました。 そして猫を優しく抱き上げると、彼女に渡した。 未来は確かに変わっている・・・もしかしたら美優は現れないかもしれない。 頭をよぎる何かに気を取られてルブリスをじーっと見つめるアリスティア。 愛されなくても彼を愛して少しでも力になろうと日々頑張っていたアリスティアですが、あまりの横暴さに抵抗をします。
9