セット アッパー 青物。 淡路島で青物調査❗️セットアッパー125SDRで、粘って大正解😊良型アジもまだ好調ですよ〜

大物狙いの2フック仕様 青物など大物狙いのおすすめフックセッティングについて。

光量の少ない時でも効きそうです。

純正 6の3フックだと青物や大物狙いでは頼りないので、 大物狙いのときはこの2フックセッティングがおすすめです。

他を試したい!とか。

限界集落に住む映像クリエイターのです。

ただ、沈下速度はほんの少しぐらいは早くなったりもするかもしれません。

41
3フックでフッキング率は高いのですが、ブリクラスの青物になってくると確実に曲げられたり、折られたりします 夜明け前から朝間詰めの暗い時はチャートカラーなどの蛍光色が良いです
周りのルアー投げてる方もちょこちょこ釣っているのを見ると、正直他のミノーや鉄板バイブでも全然釣れると思うw 地合い終了後でも釣れ続くセットアッパー 凄かったのは日が上り、完全に明るくなってベイトの群れが散って静まり返った状況からでした 大物がかかったときは「フックを伸ばされた・・・」ということが非常に多いです
よってフックは太軸のものに交換しておくことをおすすめします それ以外ではサゴシやサワラも対象で、サーフでのヒラメやマゴチといったフラットフィッシュのバイトも誘えるなど数多くのフィッシュイーターに効果があるミノーです
スプリットリングも一回り大きいサイズの物が付いています 個人的には青物専用のルアーというより、シーバス用に開発されたルアーを青物に使うほうが堤防やテトラからではマッチしています
昼でも夜でも万能に使えるカラーだと思っています 飛距離も 「AR-Cシステム」という重心移動システムを採用したことにより、 平均飛距離70. シャローレンジが多い場所では根掛かりなどにも注意が必要です
スピンテールジグでただ巻きでリアについているブレードが回転し魚アピールします とても使いやすいルアーなので、ご使用になっていない方は、ぜひ一度試してみてください
ルアーは同じセットアッパー、3フックのままなのでガチンコ勝負するとさすがにフックがもたないのでゆっくりゆっくりとやりとりし、ギャフも1発で決めて無事キャッチ 湾岸ミノーはシルエットがマイワシに似ていることから、 秋から冬にかけてのマイワシパターンで効果を発揮するルアーですね! 貫通ワイヤー構造で強度が高い ボディ内部は貫通ワイヤーとなっており、不意の大型青物とのファイトでも安心設計となっています
ブリとはいかないまでもなかなか良いサイズのメジロ 「」(大型リング用、 5〜)• ただし、 青物が釣れるという情報が入ると土日、平日も混雑して釣り人が増えるため、ライトタックルだと堤防際で横に走られトラブルの元となります
阪神間でシーバス青物を狙う方はぜひ持っていた方がいいルアーの一つだと思います 潜行レンジは割と浅め
もし、高速で巻いた時、左や右に傾くようなら リップ部分のアイをペンチで曲がる方とは反対に微調整で曲げたら、まっすぐ泳ぐようになります そんな時はテトラポットに立って フローティングミノーのサイレントアサシンを投げてください