セルフレジ 万引き。 ユニクロのセルフレジで万引が多発 「そんな手口が可能なの!?」 しっかりと点数を確認しないと泣きを見る!

は使ったことがなかったので、戸惑いながら画面の指示に従ってを読み込ませた。

先日、普段通っている馴染みのスーパーで、図らずも盗んだと疑われても仕方のないことをしてしまいました。

これは性善説に基づいた、お客さんが物を盗らないということが前提になっていて、従業員が張りついていなければいけないということで、生産性の向上にはつながらない」と語ったオーナーがいる。

商品1つ1つの重量は全て登録されていて スキャンした商品の総重量と計測した重量が異なればエラーが出ます。

また店員も何かノートに書きとめていました。

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る 人手不足への対応、多様な決済手段への対応、顧客の利便性向上(レジ待ちのイライラ減少など)を目的として、「無人」や「省人」要素を打ち出したお店が増えている。

その日を境に、意識しているためか、同じような光景を何度か見かけるようになりました。

万引きGメンならぬ、レジ専用Gメンとでも呼ぶべき存在である。

万引き犯はクソ」 といった声が寄せられ、同じようなトラブルに遭遇したという声も多く寄せられていました。

有人や精算機やを使わざるをえない時も必ずを撮るようにしている。

子どもとすれば200円、300円の玩具がほしいのだ。

65 56 64