バック ランジ。 バックランジのやり方!フロントランジとの効果の違いとは?

今だけたった 500円でお試しできるキャンペーン中なので、まずは下のボタンから詳細を確認してみてください。

日常の動作ではあまり使われにくく、スポーツを行っていない方は衰えやすい筋肉です。

また、女性などに多いと思いますが、太ももの前面に刺激を入れたくない場合(刺激が強く入ると太ももが太くなると気にしている場合)もありますね。

スクワットで主に負荷の掛かる部位 スクワットで主に負荷の掛かる部位は、 大腿四頭筋、大殿筋、ハムストリング、脊柱起立筋などです。

同様の種目として、片足を前に踏み出すフロントランジや横に踏み出すサイドランジという種目があります。

初心者の方は動画のはじめのように、足を前に出した状態から行うとフォームが崩れにくいです!(スプリットスクワットともいいます) ちなみに足の方ばかりに集中していると上体が流れてしまうので注意が必要ですね。

ダンベルを使用すると重心が低くなる分、他の種類よりも動作の安定感が増します。

ランジとは?スクワットとの違いって? ランジとスクワットでは、 両足を同時に鍛えるか、片足ずつ鍛えるかの違いがあります。

そして、後ろに足を引くバックランジでは、お尻の大臀筋や太もも裏にあるハムストリングス、そして内ももの筋肉である内転筋に大きな負荷をかけることができます。

それぞれの筋肉が重なり合っていて、各々の役割を果たしています。

新しい種目を取り入れるのもひとつの手ですが、結局のところ、ランジができればスクワットでもなんでも、ほかの種目はたいていできてしまいます。

あなたの人生がより一層輝くことをサポートさせて頂きます。

腸腰筋を鍛えるには、股関節を大きく動かすランジが効果的です。

ほとんどの方は1日3セットから始めるようにして、動作に慣れてきたら少しづつ増やすようにしましょう。

これを2~3セット行います。

54 77