ユカタン 半島 クレーター。 6600万年前、恐竜を絶滅させた小惑星の衝突直後に起きたことがわかった

この時期、光を必要としない菌類や少量の光で育つシダ植物が繁殖したことも化石からわかっています。

その衝突により、小惑星は地下数kmに達し、大量の岩を蒸発させ、その塵が地球全体を多い、生物を絶滅させたと考えられています。

Poelchau, T Kenkmann, "Feather features: A low-shock-pressure indicator in quartz. 他の層に比べて20-160倍のイリジウム濃度が観測されています。 5キロメートルほどになる。 それは、1920年。 その他にもコバルト、炭素、クロムなどが含まれています。 衝撃で突然、火山活動が起こって、 それで地上を支配したのだ。 しかし同様の岩石はでも作られることが知られており、小惑星衝突の証拠として長い間否定的に見られていた。 恐竜の時代に地球に衝突した小惑星の想像図。 天体衝突の跡は、チチュルブ(チクシュルーブ)・クレーターと呼ばれており、その大半が海底下に存在しています。 発見された石英にはいくつかの方向に破砕が見られるため、衝突の証拠として充分だと考えられている。 実は衝突クレーターであることが科学的に確認されたのは、このバリンジャー隕石孔が世界で最初でした。

敵が少ないことによって種の多様性が高まり、現在の哺乳類や霊長類などの祖先も誕生した。

既知の地球上のクレーター(隕石衝突跡)では三番目の規模であり(、に次ぐ。

たとえば、メキシコのユカタン半島にあるクレーターは6500万年前に起きた天体衝突の痕跡であり、この衝突によって恐竜の絶滅が引き起こされたとされている。

9メートルの大きさがあります。

そのエネルギーは広島型原爆50億個分とも推測され、衝突時の衝撃波や津波、地震はもちろんのこと、巻き上げられた粉塵が成層圏にまで達し、長い間太陽光線を遮り、長期間にわたり地球が寒冷化したといわれています。

恐竜の絶滅は生命史の中でも大きな事件ですが、今回の航海ではその原因となった天体衝突の現場を掘削しました。

このまま電波望遠鏡が作れるんじゃないの? カナダには宇宙から観ることができるマニクアガン・クレーターがあります。

jp <広報>学校法人東邦大学 法人本部経営企画部 Email: press[ ]toho-u. 1 米パデュー大学、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの地球物理学者チームが開発したウェブツール「インパクト・カリキュレータ(衝撃計算機)」では、小惑星の大きさやスピードなどのデータを入力することによって、衝突が起こったときの様子を詳細に知ることができる。

ポピガイ・クレーター 】 ロシア、シベリア。

現在の大都市にこんな隕石が落下したら被害は甚大だろうね。