電気 ブラン。 浅草発祥のお酒【電気ブラン】ってどんなお酒?生み出した「神谷バー」へ潜入!

「どれだけ飲めるか、3人で勝負してみるか!」 くくく 「3杯飲んだら足をとられちゃうなんて!私なんて1杯でもダメかも~」 それは嘘だ
電気ブランは電気がまだ一般的ではなく、流行の言葉であった時代に生まれたお酒だとされており、ネーミングもそこから生まれたものだとされています おそらくわずか2時間くらいで潰れた計算になる
しかし、アルコール度数の高い電気ブランとチェリーブランデーをミックスしたカクテルとなっていますので、アルコール度数はどうしても高めのカクテルになっています 偽が飲めるお店「bar moonwalk」 作品の中で出てくる、幻のお酒「偽」 幻かと思っていましたが、調べるとどうやら提供しているお店があるようです
理知的な主人公の語り口と強烈に個性的なキャラクターの虜です 多いにけしからんぞ
ご入金確認後に商品を発送いたします もし、志乃の頬がバラ色に染まったとしたら、それは神谷バーのブドー酒のせいだけだったでしょうか
17