どこ バス 仙台 宮城 交通。 路線バスの接近情報(どこバス仙台)|仙台市

ソフトウェア開発会社のビーフル(仙台市青葉区本町1)が制作を手掛け、スマートフォン上で見やすい画面構成や操作しやすいユーザビリティーを考慮したという。

仙台圏北部の路線で運行を開始。

: 栗原電鉄・陸前乗合自動車が合併し、を設立。

(2015年10月19日 宮城交通・ミヤコーバス)• 所在地:山形県山形市飯田西五丁目6-12• 「スマートフォンをご利用の皆さまはぜひご活用いただければ」と同局担当者。

こちらのQRコードもご利用下さい 宮城交通 利用上の注意事項• - 株式会社ミヤコーバスに改称し、本社をに移転(同時に、宮城交通を除くミヤコーグループの全路線バス事業者から事業譲受をし、各路線バス会社を清算)。

ミヤコーバスと共同運行)• 東仙台受託営業所• それ以外の区間の大船渡線BRTについてはが運行に関する業務を受託している。

所在地:仙台市泉区泉ヶ丘三丁目14-15• (2代、泉パークタウン車庫)• 15分以内まで絞ってもお部屋を見つけることはそこまで難しくなさそうです。

なお、子会社のが単独運行した臨時バスについては、を参照。

24
そのため、走行中にCO2 や環境負荷物質を排出しない環境にやさしいバスであると同時に、滑らかな加速と静粛性も兼ね備えています。 : (旧)仙台南営業所移転により、仙台営業所開設。 (10年)4月1日 - 宮交気仙沼バス株式会社として設立。 具体的には、インターネットに接続できる携帯電話やパソコンから、乗車するバス停・降車するバス停を指定すると、その時点で利用できるバスがいくつ前の停留所を出発しているか、何番のりばから発車するかを、市内のほとんどのバス停について確認することができるものです。 (2代)• それ以外の区間の大船渡線BRTについてはが運行に関する業務を受託している。 運行回数:1日4往復• 1989年3月3日• 2011年(平成23年) - この日の出発便より毎日運行に戻る(当面は北陸鉄道の単独運行)。 仙台市交通局、宮城交通株式会社の双方のバスが走行する区間においては、両方のバス接近情報が一つの画面で確認出来ます。 ミヤコーバス<気仙沼~本吉~志津川~柳津> 臨時ダイヤ 平日用 (公式ウェブサイト). 乗降箇所:(仙台)県庁市役所前、(気仙沼)気仙沼市総合体育館• 仙台では、通勤・通学の距離や交通手段、ルートによって、移動時間や費用は大きく異なります。 次は、仙台の方々の交通手段の利用状況をご紹介します。
仙台では、通勤・通学の距離や交通手段、ルートによって、移動時間や費用は大きく異なります TDL・TDS発着であった当時は、が途中バス停となったため、空港で乗降しない(=TDL・TDS利用)場合でも身分証明書等の携帯が必要であった
このシステムにより、バス待ちのイライラ感(バスがいまどこにいるのか、バスが遅れているのか、それとも行ってしまったのか分からない)などが解消され、バスを利用する皆様へのサービス向上が図られます (平成3年) - ・での乗降取り扱いを開始
仙台 - 鹿島台線(4月11日〜4月20日 岩沼駅前 - 鳥の海ホーム• (昭和50年)• (平成16年): 仙台市交通局より線・線(2路線、4系統)を讓受
現在は数両が使われるのみ 令和3年)•
東黒松線[41]• 10月1日:消費税率引き上げに伴い、路線バスの運賃を改定 (平成20年) - この日より同年まで、「Winterキャンペーン」として新宿 - 仙台間の片道運賃を5,000円(通常6,200円)に、新宿 - 石巻間の片道運賃を6,000円(通常6,900円)にそれぞれ割り引いた
3月24日から路線バスとして一般の人も乗ることができる路線で運行を始めています 2016年9月4日閲覧
金沢線(エトアール号) 宮城県仙台市からを経由して、を結ぶ夜行高速バス (平成23年) - この日発生したの影響により、同年金沢出発便(仙台出発便は翌)まで運休
北根三丁目(上り)• 富山線(仙台 - 富山・高岡) 宮城県仙台市と・・・・との間を結ぶ夜行高速バス 2008年8月、より移管• 乗降箇所:(塩釜)JR本塩釜駅アクアゲート口、(小鶴新田)JR前• 乗降箇所:(大河原)JR前、(岩沼)JR岩沼駅西口• 「きゃっするくん」(白石営業所担当) 過去の車両運転業務受託 [ ]• 外部リンク [ ] に関連するメディアがあります
60