ターコイズ の 空 の 下 で。 「20代はずっと迷っていました」。映画『ターコイズの空の下で』、20代最後の作品に挑んだ柳楽優弥にインタビュー

撮影前は演技の磨き方に意識が向いていたけど、KENTAROさんは「コマーシャルっぽいのはやめよう」とはっきりおっしゃって驚きました。 まさにチャップリンの作品のような、映画の原点に触れたような気がした。 警察署にて、馬を盗んだモンゴル人青年が、署長室に連れて来られます。 モンゴルの英雄、チンギス・ハーンの生涯を描く、その名も「チンギス・ハーン」(1992年、ベグズィン・バルジンニャム監督)という作品で、日本企業が多額の資金援助をしていたこともあり、日本のマスコミが大デレゲーションを組んで陣中見舞いに訪れた際の一員だった。 一説には地球の人口より多くのデニムが流通しているという話もあるほどです。 あらためて手帳に注目してみると、確かに魅力的な新作があちこちから…。 俳優もスタッフもみんなとてもいい人でした。
34 74