2020 人事 院 勧告。 現役公務員必須!令和2年度人事院勧告まとめ

そのため、勧告は地方公務員にも大きな影響があると言えるでしょう。

市の公式ホームページには臨時議会開催についてのお知らせが掲載されておらず…。

67
厚生労働省• 連合集計(7月2日最終)によると、要求を提出した民間6,742組合(昨年同時期97 組合減)のうち、月例賃金改善(定昇維持も含む)を要求した組合は5,376組合(昨年同時期164組合減)で、4,773組合が月例賃金の改善を勝ち取っています 清掃部門をはじめとするエッセンシャルワーカーのがんばりがなければ、住民生活にも重大な支障をきたす
そしてその結果を比較すると、164円 しか差がありませんでした ボーナスのうち、勤務実績に応じた勤勉手当ではなく、一律に支給する期末手当を引き下げる
月例給の決定は、以下のように決められています 令和2年度6月 ・期末1.30月(支給済み) ・勤勉0.95月(支給済み) 令和2年度12月 ・期末1.25月(現行1.30月) ・勤勉0.95月(支給済み) 令和3年度6月以後 ・期末1.275月 ・勤勉0.95月 月例給の据え置き 今回の勧告で、月例給の勧告はありませんでした
(2)月例給は別途としているものの、一時金についてのマイナス人勧が及ぼす影響は、公務員準拠の医療や福祉職場など750万人を超える労働者に影響し、中小民間企業労働者の一時金や来春闘に及ぼす影響も考慮すると極めて甚大であり、コロナ禍にあえぐ景気をさらに悪化させることになるのは明らかである 05月引下げるもので、到底容認することはできない
自治労連は、新型コロナの影響で疲弊する地域経済に悪影響を及ぼす一時金削減勧告実施の見送りを、政府に強く求める 政府は近く給与関係閣僚会議を開き、勧告の扱いを協議する
62