年賀状 やめる 挨拶。 年賀状をやめたい場合にオススメ文例と方法!失礼なく伝えるポイントは?

えーい、面倒くさいから出さずにこのまま 自然消滅させちゃえ!って人もいるでしょう。 ですが、年賀状を送らない挨拶をしてきた人はひとりもいなかったし、私も挨拶せず黙ってすっぱりとやめてしまいました。 一年の最初を祝うものなので、デザインも華やかなものが良いでしょう。 予想外と思っている人です。 退職した時 退職をした場合も年賀状をやめるタイミングの1つです。 私は何も言わずに出すのを辞めた』 『もらうのが嫌ってわけじゃなく、相手が年賀状を出すって風習を辞めたいからだと思うよ』 『「今年で失礼します」みたいな感じじゃないの? 内心はともかく「いただくものが邪魔なわけではなく、こちらが勝手に終えますので」ってニュアンスの』 「年賀状を辞退します」の言葉が自分だけに対してなのか、年賀状を送った全員に対してなのかは送り主に聞かないと分かりません。 そこに年賀状の準備まで加わると、大変になってしまいます。 ただし、相手から年賀状が届いた場合に返事をメールやLINEでしてしまうと、相手が不快な思いをしてしまう可能性があるので、注意しましょう。 5rem 0;font-size:1rem;line-height:1. また、送り先が増えるほどかかる費用が大きくなるため、年賀状じまいをすることで手間や費用の節約ができます。 もっと言えば私の場合は今後もしお亡くなりになられても知る由もない事になります。

最後は結びの言葉で締める 相手の幸せや健康を願う気持ちを書き、年賀状を締めくくります。

最近では終活世代ではない40代~50代の中年層にも年賀状じまいの習慣が広がりつつあります。

年賀状を送らない宣言をする方が少数派で、多くの人が何も言わずにただ年賀はがきを送らない方法をとっているので、よほどの事情がなければさりげなくフェードアウトした方がいいですね。

年賀状をやめるのは自然消滅がベスト? 調べてみると、 「年賀状は今年で辞めます」というハガキを受け取り、悲しい気持ちになった、という人がかなりいます。

とはいえ、どんなデザインにしたら良いのか、イメージが沸かないかもしれません。

翌年以降に相手に年賀状を送ってもらいたくない場合や、年賀状は返せないけれども送ってもらう分にはかまわない、ということを加えて伝えてもよいでしょう。