フレイ ディー。 「ボヘミアン・ラプソディ」大ヒットでもクイーンものまね芸人が増えないワケ!

を共作し、でクイーンと共演したは、フレディのパフォーマンスについて、「演劇的なロックパフォーマンスを見せるアーティストの中でも、フレディは破格の存在で、型破りだった。

- 猫ブログ フレイアイディー名古屋タカシマヤさんのブログです。 。 12歳でスクールバンド「ザ・ヘクティクス」を組織し、やのカバーを演奏していた。 アルバム『イニュエンドゥ』収録の「デライラ」は、彼が特に溺愛した飼い猫の「ディライラ」のために作られた曲。 2011年9月4日閲覧。 このバンドはしばらくして、他のメンバー達の進路の問題で解散する。

に公開された映画『』では、初めてのライブでマイクスタンドをうまく扱えず、誤って先端部分のみが外れてしまった様子が描かれている。

本来の洋服を着る「楽しさ」を取り戻せるよう、上質で品のある「エレガント」を先進的で 自己表現豊かな「モード」に組み合わせ、次世代のニューモードキャリアを提案。

45歳没。

prevent-bg-text-style h1:not. 2s ease;-moz-transition:transform. マイケルが、フレディのファンだったことは有名。

75em;height:1em;cursor:pointer;margin-right:. 後年には、クイーンでこれらの技術を用いて衣装をデザインしている。

- (2006年)• ライブパフォーマー [ ] ボトムレス・マイクスタンドによる1979年のライブ フレディは世界中のスタジアムでライブ公演を行い、そのパフォーマンスで注目を集めた。

同年夏の開会式ではモンセラート・カバリエと「」を歌う予定だったががフレディの代わりを務めた。

53