ジュニア ニーサ。 ジュニアNISAのルールとは?はじめる前に知っておきたいポイント

今回の改正で廃止が決定したジュニアNISAですが、廃止に伴いいくつかのメリットデメリットが浮かび上がってきました。

しかし、子育て世代にとって、18歳まで資金がロックされるのはデメリットと感じる人がほとんどでしょう。

マイナンバーカード• 80万円の範囲内であれば、何回かに分けて投資をすることも可能です。

・子どものための資産形成 ジュニアNISAは子どもが進学・就職を迎えるタイミングに向けて、中長期的な資産形成を目的とする制度です。

早く始めるほど、得られるメリットも大きくなります。

口座開設者は未成年者の名義となりますが、親などの親権者等が未成年者に代わって口座の管理・運用を行います。

今から始めるジュニアNISAの投資先2:2020年に値下がりして下値が限定的かつ高配当銘柄で業績が回復しそうな景気敏感株 ジュニアNISAを始めるならば、将来有望株を狙ってみるのもよいでしょう。

他のNISAと同様、非課税枠は繰り越しできません。

ただし、災害等やむを得ない場合には、非課税でのが可能です。

つまり、2024年以降はジュニアNISA口座から払い出しをする際に、口座内で生じた過去の利益に対してはさかのぼって課税されることなく、必要な時に払い出しができるのです。

そう考えると、非課税のメリットがよく理解できるでしょう。

26
*1・・・3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで 年間80万円分の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税の対象となります
2023年まで年間80万円という限られた金額になりますが、教育資金を積み立てる方法としてもジュニアNISAは有効です
18歳以降(3月31日時点で18歳である年の1月1日以降)であれば、払い出しが可能となります 一定以上の資産を持つ家庭の場合、資産形成や相続税対策は家族単位で考えることが多いでしょう
ジュニアNISAの特徴• ジュニアNISAの利用(口座開設)ができるのは、日本に居住する0歳から19歳までの未成年者です(口座開設する年の1月1日時点で19歳であれば、その年中に口座開設が可能です) どのような流れで口座開設が行われるのか申し込みの流れを紹介します
しかし、廃止されたことで逆に使いやすくなったといわれており、注目が集まっています 継続管理勘定とは 各年で買い付けた上場株式などの非課税期間(最長5年)が終了するタイミングでロールオーバー専用の非課税枠に移管することができます
新たな非課税投資ができなくなる• 18歳になるまで非課税で保有し続けられる ジュニアNISAが終了すると新規での非課税投資ができなくなりますが、終了時点で保有している投資商品については、 18歳になるまで(1月1日において18歳になる年の前年12月31日まで)非課税で保有し続けることができることになっています 分配型の投資信託については、下記の記事に詳しく記載していますので、参考までに次の記事を読んでみて下さい
72