コロナ 鍋 意味。 「新型コロナウイルス」関連のことば ~「コロナ禍」の使い方~|NHK放送文化研究所

どうぞお身体をお労りください。

禍を使った言葉と注意ポイント 意外と知られていない禍を使った熟語やことわざを紹介します。

」という風に読んでうが、実は間違いでとがあるのだ。

ただ、この「禍」。

ピンチはチャンスといわれているように、災難をうまく活用してプラスに役立てるという意味です。

レシピ数337万品、月間利用者数7400万人が利用する料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」には、日々たくさんの検索・アクセスログデータが蓄積されている。

軽症なのは幸いですが、いろいろとご不便でしょう。

56
コロナ禍とコロナの渦中の違いは? 「コロナ渦」(ころなうず)という表記は間違いでが、少し表現を変えて「コロナの渦中」は日本語としてOKです 「コロナ禍」のように、災厄や災いなどの場合には「禍」が用いられます
ただ、こうしたことばは「書きことば」としては効果的でも、「話しことば」としては、あまりなじみません 熟語で使用)例えば、美人(ビジン)の美(ビ)など 訓読みで使われる熟語としては、 「戦禍(センカ)」や 「禍福(カフク)」などは漢字変換でも出てきます
多分使用中のるつを入れたら高温で死滅する 戦禍(センカ)戦争によるわざわい・被害• そして、その間違いを指摘されたのが話題になっていたのですね
今のところ、放送のことばとしては「コロナ禍」は画面上の表記に止め、声で伝えるときには「新型コロナウイルスの感染拡大(による・・・の影響/状況)」など、伝える場面や内容に応じて具体的に分かりやすくことばを紡ぐことが求められるでしょう 不幸をひきおこす原因や喜ばしくない出来事を指す言葉なので、普段それほど使う言葉ではありません
まとめ:コロナ渦間違いでコロナ禍は「ころなか」と読む ・コロナ禍は「ころなか」と読む コロナ禍は誰が言い出したの? 「コロナ禍という言葉を誰が 使 い出したか」という特定の人は 厳密に明確には なって いません
「コロナ禍」は 必ず収束(しゅうそく)して終息(しゅうそく)します においてもG. これらに 共通することは「菌」「感染」「拡散」ではないでしょうか
新型コロナウイルスによる感染拡大は、まだまだ予断を許さない状況が続きますが、新型コロナウイルスによってもたらされた「災い」についても、働き方や暮らし方をうまく変えて幸せに転じるよう心がけ、時が経ったときに、コロナ禍がきっかけでよいこともあったと思えるように、日々を過ごしていきたいものです 奇禍(キカ)思いもよらない災難• これを機に他のスポーツ紙や夕刊紙もまねして使い始めたのです