バイオ リファイナリー。 分別も不要になる? “ゴミの資源化”がもたらす未来社会のエネルギー事情

細胞工場合成システムの構築戦略は二種類に分かれている。

しかしこれが実用化されると資源メジャーの権益を犯すことになります。 BRエタノール技術を確立した積水化学工業と、ポリオレフィンの製造に関する技術・ノウハウをもつ住友化学が協力することで、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の取り組みを推進する目的だ。 「今回、確立した技術はゴミからエタノールを生成するものです。 これらのネットワークを利用して、ネットワークのトポロジー特徴を計算したり、線形モデルを構築したりすることができる。 資源循環が当たり前の社会になることに期待しています」(細川氏) 「石油の用途として最も大きいのはやはり燃料としてのエネルギー利用であり、樹脂製品の原料として利用される割合は一部にすぎません。 日本はルートの安全確保に中国とやりあっても勝ち目はないから、中東原油への依存度を下げるのが一番良い。 現時点では、石油由来化学品より安価に製造可能なバイオマス由来化学品は少ないが、今後の普及のためにはバイオマス由来化学品が価格競争力を持つことが重要となる。 このような環境の保全に有害な竹ですが、バイオマス資源として有効利用することができれば、環境保護に貢献するだけでなく、竹の成長性の速さからリサイクルスピードで資源の国内調達が可能であります。 これは結局、安全保障のキモを他国に握られる、国富を流出させることに繋がらないか? この点を詳しく知りたかった。
57 18