進撃の巨人マンガバンク。 【3話無料】進撃の巨人

陸軍の総員は壁内人類の総人口に匹敵する約100万人であり、50個師団を擁する。

座標 壁外から来た勢力(マーレの戦士=ライナーやベルトルト達)が奪取を狙っているもので、「始祖の巨人」を言い換えたもの。

制服は他兵団と共通だが、王政直轄の機密性が高い指揮系統下にあるため、公的なとして存立している他兵団とは存在意義が根本的に異なっており、相互の協調関係はほとんどなく、干渉も受けない。 現在は革命軍や復権派等の大陸に残存した抵抗勢力も壊滅、パラディ島の壁内に移住できなかった大陸に残されたエルディア人は復活したマーレにより隔離政策が施され、で暮らしている。 ラガコ村 ウォール・ローゼ南区の村。 訓練兵団 現代の軍におけるや教育部隊に相当する兵団。 すでに人気のあった本作の盛り上がりに、他のファンが関心を持ち、さらにムーブメントが広がっている雰囲気も感じられる。
65

また、複数で行動することが多く、多数が現れると非常に危険な状況となるが、巨人同士による組織的な連携行動は通常においてはあまり見られない。

第104期訓練兵団。

壁だけを破壊して姿を眩ました超大型巨人や鎧の巨人、人間を捕食せず巨人だけを攻撃したエレン巨人体(進撃・始祖の巨人)といった「九つの巨人」も、最初は「奇行種」に分類されていた。

巨人大戦後は存在を危惧したマーレから逃げる形でフリッツ王と共にパラディ島へ移住。

志願しなかったり訓練に合格できなかった者は、食糧を確保するための農作業に従事する「生産者」となる。

4位ではあるが、ここでも2巻が7位、6巻が9位、3巻が16位、7巻が18位とベスト20のうち5冊を占めている。

7
立体機動装置に欠かせない原料であり、アンカー部の素材に使用されているほか、葉は溶解させ取り出したを繊維とすることでワイヤーに、幹の空洞部分はボンベに使用されている 5年後、巨人と戦う訓練を修了した主人公の前に再び巨人が侵攻してくる
巨人化学 「ユミルの民」の巨人化を研究する学問 壁内ではレイス家のみが所持しており、製造過程や入手経路などの詳細は不明だが、人間のに由来する成分と思われることと、空気に触れると気化するなどの性質を持つ
アンカーは腕に装着された支持アームから射出し、腰にあるのは身体を支持するベルトのみである 調査兵団第13代団長
超大型巨人はアルミンの捨て身の陽動作戦により、エレンの手で討伐された 川窪によると、手探りの中で創刊した雑誌での新連載であったため、当初は指針や読者の傾向などが不明瞭で苦労したが、そのおかげで実験的なことも可能であったという
壁外調査は多数の死亡者を出すことから、カルラやミカサには入団を反対されるが、それでもエレンは幼馴染のアルミン・アルレルトと壁外への夢を語り合うのだった また、相応の実力がなければ生き残っていられないため、所属者は総じて優秀であり、戦う環境が良ければ少数で多勢の巨人達と渡り合えるほどの実力を持つ
クィンタ区 ウォール・マリア西の突出区 レベリオ収容区 グリシャ、ジーク親子が生まれ育った収容所の一つ
特にストヘス区での巨人出現事件で内地の安全性が揺らいで以降は、内政的問題として直接的な巨人への対処に迫られている様子が伺える 調査兵団は女型を一度は捕獲したが、結果として作戦は失敗に終わり、兵団は撤退を余儀なくされる
「巨人化学」の進んでいるマーレでは大量生産が可能で、ある程度巨人の大きさを制御することも可能 目前で母カルラを巨人の一体に捕食され、故郷、夢、全てを奪われたエレンは巨人の駆逐を決意し、ミカサ、アルミンと共に第104期訓練兵団に入団する
壁内の兵器および装備品は、主にウォール・シーナ内部の工場都市で生産されている 本作は作者のデビュー作の読み切り版「進撃の巨人」が原型となっている
72