武富士 の スラップ 訴訟。 【2020年読まれた記事】吉村洋文知事に「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人の過去! 盗聴被害者のジャーナリストが語る不法な訴訟の全貌 (2020年12月31日)

つぎ! AdrMonk よくそんなこといった 外国特派員協会での記者会見 47分過ぎ吉村大阪市長に対して、サラ金武富士によるジャーナリストへの不当なスラップ訴訟の代理人弁護士務めていた事への質疑。

でもそれは閉鎖してはいけないというので3月末に……年度替わりで人が代わって、もともと常設の施設ではないので、でも閉めるというのは『閉めるな』という指示を出して、あのー、動かしていこうというので、動かしている。

しかし、上記のスラップ訴訟の典型例で、裁判所が「権利のないことを知りながら相手方当事者に損害を与えることを目的としてことさら提起した」と認定するような訴訟の代弁は、「違法若しくは不正な行為を助長」することに他ならない 例えば、極悪な殺人犯であったり、強姦犯であったとしても、言い分がある部分がある
繰り返しになるが、は盗聴という 犯罪行為を隠蔽するため のスラップ訴訟を起こしたのだ 前述のとおり、武富士は本誌記事が1回掲載されるたび、5000万円ずつ損害賠償を上積みしてきた
— Adriana Monkつぎ行こ 一方、本件記事の投稿目的は、本件記事を目にした読者が同記事において摘示されるような詐欺被害に遭わないように啓発することにあると認められ、すると、被告が本件記事を投稿した目的は、専ら公益を図ることにあり、摘示された事実は、公共の利害に関するものであると認められる、としました
とことんカネで解決するのがこの会社の流儀らしい それは、あの武富士の代理人として、同社の犯罪行為を隠蔽するためのスラップ訴訟にかかわっていたという過去だ
通訳: (省略) 吉村市長の回答のもやもやする点 及川氏の質問に対し、吉村市長は「武富士」の名前を出さずに、日本の訴訟制度一般の話、つまり「一般論」で返答しています 「重症センターにかんして言うと、もともと3月末で閉鎖するという予定だったんです
「私は執筆した記事でも裁判でも、数々の具体的で客観的な証拠を提示している 吉村市長にお伺いしたいと思います
次世代のスラップ訴訟請負人が、同等か或いは自分より高レベルの人物に、毅然と立ち向かっていくことなど断じてあり得ない しかも、は自社のHP に、私が恐喝未遂事件に加担しているとのデマまで書き込んでいた
これは、被告が原告の請求をまるまる認めるもの しかも、隣県の神戸市は独自で変異株調査をおこない、3月初旬の段階で変異株の割合が高まっていることを公表していたように、関西圏では変異株感染が増加していることはわかっていた
今後、どういう展開になるのか、私も当事者の1人ですので、注目していきます この意見・論評は、「知的にも、人格においても、低レベルの弁護士らが、手軽な名誉毀損訴訟に走ってしまう」と読み取ることも可能だろう
「訴権の濫用」が認定されたということは、「 訴訟を起こすこと自体が不当」と裁判所から認定されたということです 変異株による感染者の死亡を2月25日に発表していれば拙速な宣言解除に批判が巻き起こっていたはずだが、吉村知事はその事実を隠蔽し、結果として解除から1カ月足らずで再び大きな危機を招いたのだ
4

政治の最大の目的の一つは格差社会のなかにあって貧しい者も最低限の文化的生活ができるように富の再分配をすることだが、こんな強い者に手段を選ばず組して反省ない者が、一般庶民のことを思いまともな政治をやれるわけがないではないか。

実際、警視庁も当初はその気で、取り調べでは刑事から『お前らはの金にたかるハエだ!』とまで言われた。

ただ、発言力はあるのですが、結果が伴っていないため、支持率が下がってしまっているのは残念です。

また、当社は2003年5月末から同年11月初めの間、インターネットの当社ホームページ上で、山岡氏が当社や前会長・武井らを違反容疑でする動きに関し、「盗聴の事実はなく、山岡氏は当社に対する恐喝未遂事件に加担していることから、刑事責任の追及逃れのために行っている」などとする虚偽の見解を掲載し、不特定多数の者にその内容を閲覧させました。

と発表し、武田警視正ら3名は処分された。

54
その山岡氏が大手消費者金融の武富士から盗聴されていたことを知ったのは、2002年 当時のは、創業者である 会長がワンマン支配しており、 悪質な取り立てや社員のブラック労働、裏社会との関係などが問題になっていた
そんな訴訟の をやっていたことが、なぜ 当然の行為になるんですか Youtube liveはお休み ツイキャスのみでの中継となります
> (平成 18年) 9月 - と三宅勝久が武富士側に対して不当提訴による損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は武富士と武井前会長に賠償を命令 権力の不正や企業のスキャンダルを中心に取材・執筆活動を続けているジャーナリストで、安倍首相の下関の自宅や地元事務所に火炎瓶が投げ込まれた事件の裏を掘り返したスクープは、ネット上でも 「 ケチって火炎瓶」として大きな話題になった
「創」 創出版 や「月刊ベルダ」 ベストブック といった月刊誌でこの武富士による盗聴問題を追及するルポを発表した(大手出版社の雑誌は武富士が大量の広告を掲載していたため、ほとんどが掲載拒否をしたという) また、吉村氏の訴訟加担が法律上セーフだったとしても、その道義的責任がなくなるわけではない
よって当社は、本件提訴により、貴社・貴誌および氏の信用・名誉を傷つけ多大な迷惑をかけたことにつき、深くお詫びし、二度と再びかような違法行為を行わないことを誓約します これも明らかに 嫌がらせが目的でしょう」(山岡氏) しかし、山岡氏はこうした卑劣な圧力に怯まず、逆に側を 「訴権の濫用」で反訴、さらに自分への盗聴行為に対して、武井会長を違反でした
海外のカジノで1度に数億円負けることもあるという だからこそ、知的にも、人格的にも低レベルなうえに、労を惜しみ、職務怠慢で、誤りを認めることもなく、謝罪することもなく、攻撃的でお金だけは欲しいという次世代のスラップ訴訟請負人は、実力無く、教養に欠け、人間的魅力に乏しく、オーラもなく暗いが故に、ジャーナリストや弁護士ではなく、躊躇なく恫喝することが可能でありかつ上から目線でとことん馬鹿にすることの可能な、「社会的・経済的弱者」をターゲットとする名誉毀損訴訟を、水面下で乱発させ、来る日も来る日も、目立たないよう裁判所の廊下を蠢いては、預かり金の残高を増やしているようである
当時は、若手のイソ弁で、上の指示に従っただけなのかもしれませんが、それでも、 犯罪を隠蔽したいというの意向に沿って、不法な訴訟に加担したことに変わりはない 「盗聴テープや記録、領収書、稟議書など、盗聴していたことを示す動かぬ証拠が揃っているにもかかわらず、サイドは記事が事実無根であるとして、私たちを訴えてきた
吉村洋文知事は昨日7日、医療非常事態宣言を出したが、すでに病床運用率は重症患者用で9割を超えており、待ったなしの状態だ 「正直に言うと、吉村洋文大阪府知事が武富士の弁護団に入っていたとは、当時の裁判資料を見るまで信じられませんでした
いずれにしても、武富士スラップ訴訟代理人を請け負った事を否定せず、公式に認めました 吉村洋文大阪府知事が武富士の代理人弁護士としてスラップ訴訟に手を染めていたことがクローズアップされています
18