背中 の 筋肉 名称。 僧帽筋

長頭・短頭 外側頭・内側頭 の三部位に分けられ、唯一肩甲骨と接合する長頭は上腕の内転にも強く関わります。

また、自分の背中にどのくらい筋肉がついているかも見ることが少ないでしょう。

以前は、スポーツ競技などでは表層筋 アウターマッスル に比べると軽視されがちでしたが、近年では表層筋の動作の安定にも大きな役割るがあるとされ、体幹インナーマッスルのトレーニングも盛んになってきています。

広背筋の作用としては主に 肩関節や腕の動作に関与しており、主に下記5つの役割を果たしています。

作用:肩甲骨を内転し、下行部は内側下方へ引く。

この以上筋束を最初に記載したのはRamsay 1795 であるが、Langer 1846 の広汎な研究以来、ランゲル筋Langer's muscleと呼ばれるようになった。

前鋸筋はインナーマッスルなので、高負荷でのトレーニングではなく低負荷〜中負荷での実施がおすすめ。

そこから真っすぐ下すようにアタリを取るのですが、2つ目からは一つ一つセパレートさせるようなイメージで描いていきます。

脊柱起立筋の衰えや、この筋肉と反対の位置にある腹筋とをバランスよく鍛えないと、猫背や肩こり、腰痛といったトラブルに発展してしまいます。

90
胸の筋肉です。 その際、腕を上げたことによって鎖骨も上がることに注意しましょう。 内臓筋は平滑筋・不随意筋と呼ばれており、自分の意志では動かせない筋肉を指します。 シーテッドローイング• 背中からの物は逆に上に走り同じように腕の方に向かう。 引用: 烏口腕筋の構造と作用 読み方:うこうわんきん 烏口腕筋は上腕二頭筋短頭よりさらに上腕内側上方に位置する筋肉で、上腕の屈曲と内転の作用があります。 回旋筋腱板 かいせんきんけんばん Rotator cuff は肩甲骨の前面と後面からおこる4つの筋、すなわち肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の腱のことをいう。 肩関節の屈曲(補助) 上腕二頭筋は前腕が回外(手のひらが上向き)するときに大きな力を発揮します。 腰回りの筋肉の柔軟性 腰椎部分は安定性が必要なので、その上下にある筋肉は柔軟性が求められます。 上半身後面 引く動作 のグループ 僧帽筋:肩甲骨を引き寄せる 広背筋:上腕を上・前から引き寄せる 上腕二頭筋:肘関節を屈曲させる 前腕屈筋群:手首関節を屈曲させる 脊柱起立筋:体幹を伸展させる このほかに、菱形筋・大円筋・回旋筋腱板。
54