茂野 泉。 茂野いずみ (しげのいずみ)とは【ピクシブ百科事典】

アニメ版ではキャプテンに指名された当初は自分の実力から就任に消極的であり、野球部を退部してシニアへの移籍を考えていたが、吾郎や大河の経験を聞いたことで徐々に考えを改め、吾郎にコーチを依頼したことが語られた 二軍昇格後の特待生組との歓迎試合では、1番センターで先発
に本塁打を打たれた吾郎を批判する日本のファンに対し、「兄ちゃんは打たれたくて打たれたわけじゃない」と吾郎をかばい、アニメでは野球を続ける事を吾郎に告げた シリーズごとに髪型が変わるのが特徴で、『幼稚園編』~『リトルリーグ』では三つ編み、『中学編』~『高校編』では後ろで一つにまとめたスタイル、『マイナーリーグ編』以降は、パーマのかかったセミロングヘアにしていた
その後、リトルリーグ編でもわずかながら登場した 作中では二軍以外に負けている描写がない
洞察力に長けており、小森の打撃力を素振りだけで見抜いたり、吾郎に変化球を覚えた方が良い事も指摘した ピッチャーとしてのスタミナがなく、長いイニングを投げられないなど課題はありますが、申し分ないセンスで千里はこれからも風林中を引っ張っていくでしょう! ・ 4位:眉村道塁(まゆむらみちる)• 堂本はミートの達人
大吾のいる風林中と同じ地区なので、これからも対戦する機会があるでしょう 仁田峠には小森の打席で敬遠を指示するもラフプレーをすることに疑問を抱いた仁田峠から指示を無視された
59
背番号 6。 佐藤寿也のサインをもらい喜ぶ泉がかわいい• 大吾によると、野球でも勉強でも両親の期待に思うように応えてきたらしく、まさに才色兼備と言えるだろう。 そして草野は無事プロになることができました。 山根らの妨害でろくに野球ができない状況下にあったが、転校してきた吾郎と彼との諍いを経て復帰した山根の尽力で再始動。 半分はダイエット目的でしたが、目的が達成されたかどうかは謎です。 のちに一軍レギュラーに定着。 1年生の頃から一軍に昇格していた。 バットコントロールに優れ、ストライク球を確実にファウルして相手を疲弊させた挙句、を選ばせて出塁する技術を持つ(「地獄のバックファイアーピッチャー殺し」と呼ばれている)。
95