マイク スタンド 自作。 フレキシブルなマイクスタンドを自作する

大きな音を入れると、後を引くという感じになります。

38
写真12 配線後の内部の様子です。 そのためマイクを低めの位置で固定して重心を下げたり、底にMDF板・薄いまな板を張りつけて接地面積を広げる、重りをつけるなど、転倒防止の工夫をしてください。 マイクをエンピツ等で叩くと、アタックタイムがありますので一瞬レベルオーバーとなることも解ります。 これがブームタイプ これがストレートタイプです。 5 C1 電源入力のためのリプル平滑コンデンサです。 マイクのカバーにはヘッドホンのプラグの外側だけを使ってカバーにしてみました。 写真8. マイクユニットにはコンデンサマイクを使う事を想定し、電源にフィルタを入れています。 ボーカルのみならストレートがいいでしょう。
77