ウッド ガス ストーブ。 ドラム缶ウッドガスストーブ前編|津和野ヤモリーズ|note

SOLO STOVE ソロストーブ とは 私が目指したのは、この動画で紹介されているストーブです。

これを使って作ると、ホント、簡単に作れます。

すのこベッドを解体した時の木材があったのでそれを細かく切って燃料とします。

アウトドア系全部いけそう。

1号缶詰めの空き缶(写真左) 職場のゴミ庫で拾ってきました。

こんなめんどい事せずにグラインダーで一気に行きたい気持ちもわかりますが、ドラム缶の中身が可燃性だったら火花が散った瞬間にドカンです。

ウッドストーブとしてだけでなく、アルコールストーブの風防や五徳台としても使えます。

実際の作成の様子をご覧いただきながら、作り方の手順を解説します。

TLUDストーブは、頃合いを見て消火することで缶の内部に炭を残すことができます。

ドラム缶の構造上、赤丸の出っ張った縁を削って行くと綺麗に外れます。

80
実際に大きさを確認してみました。 火をつけると、木から可燃性のガスが発生します。 こうなっては鍋やヤカンを五徳から一旦おろし、ウッドストーブを篩に掛けた様に揺する必要が有ります。 ここで燃えなかったガスと空気が混ざりあって、勢いのある強い炎が上がります。 無煙くん炭製造器がほしい でくん炭を作れないかしら。 台座部分は地面と少し距離が離れており、底から空気を供給しやすくなっています。