関係 代名詞 例文。 関係代名詞“whom”ってどう使う?whoとの違いや【前置詞+whom】の使い方

whom は we met の目的語でもあります。 (海の側に家がたっています。 「何を話題にするかを最初にはっきりさせて、後から説明する」話し方は、私たちが意識していないだけで、実は日英共通のものだからです。 。 私は、5ヶ国語を話す少年に会った。 」と表現しているのがわかるので、 「Sand is the material which glass is made from. では、コンマがなく文が区切れないため、 「エミリーにはプロの音楽家の娘がいる」 という和訳になります。 とすることができるのです。 簡単にいえば、 非制限用法は 「関係代名詞の前にコンマをつけること」 です。 また次の例文も見てください。
20

よって、英文を通して日本語に訳すと、 以下のようになります。

) 先行詞の「this cake(このケーキ)」は物で、関係代名詞「that」は節の中で主語の役割となります。

基本の関係代名詞にも、三種類の使い分けや省略などの、細かいルールがあることはあります。

9 先週家族で行った島が、すごくきれいだったんだ。

先行詞の後に関係代名詞「which」を置き、「which」以降の文で先行詞を修飾します。

(彼女が話をしているあの男性は、私の学校の先生です。

決して小難しい言い回しではありません。

英語で分けながら先行詞が主語なら主格、目的語なら目的格になると考えられるようにするのが良いでしょう。

(私には姉がいます。

(私は友人の妹に会いました) 先行詞は「the girl」です。

87