コロナ 渦 と は 意味。 コロナウイルスの「コロナ」って何?|わかさ生活

今では殆どの人が「 コロナか」であると認識していると思われます。 この場合は、インフルエンザの流行が終息した、という表現のほうがより適切です。 2020年12月29日. 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 w yahoo検索を使って、本文およびタイトルにそれぞれが含まれる件数という前提で比べてみますね! 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトル&本文に使われている記事数比較 細かいことは抜きにして、検索結果数を紹介します。 とはいえ、それでも「〇禍」は「禍」でなければおかしいと感じる人が圧倒的に多く、仮に混乱という意味を込めてあえて「〇渦」を使ったとしても、読者には伝わりにくいうえ、書き間違いだと思われたりすることは避けられません。 【 渦】とは・・・ 1 螺旋 らせん 形に巡る、激しい水の流れ。 いずれも、「終わる」というニュアンスはなく、「抑え込む」「抑制」などの表現です。 名詞の語尾に「渦」がついて「〇による混乱」という意味になる言葉は、実際にはこれまで「戦渦」くらいしか使われてこなかったということになります。
88

日付的には私の確認した中で最も早くタイトルもしくは本文内に「コロナ 禍」を使ったネットニュースですね。

(「デジタル大辞泉」より) とあります。

なので、コロナが発生していなければ「 コロナ禍」という言葉は存在しなかったわけです。

新型コロナウイルス感染症関連のニュースでは、収束と終息、どちらの言葉も使われる可能性があります。

日本人を30数年やってきましたが、全く知らない言葉なのですが皆さんいかがですか?笑 コロナ禍の意味はこちらです。

「新型コロナウイルス感染症の終息宣言」とは、新型コロナウイルス感染症を完全制圧した状態です。

世界には「腐海(ふかい)」が広がり、そこから発生する猛毒ガス「瘴気(しょうき)」は5分で人間の肺を腐敗させるためマスクなしでは生存できない。

また、大きな混乱」という「旋渦(せんか)」と、「大きな渦まき。

「戦渦」「戦禍」も〇、災厄や災いなどの場合には「禍」 争いや災い、災難、混乱などは意味が似ています。

50