ソロ キャンプ テント。 【まとめ】ソロキャンプ用テントおすすめ10選! 人気モデルから変わり種まで一挙紹介(お役立ちキャンプ情報 2020年07月18日)

自分の場合は基本車だったので軽量化は必要ではなく、ソロテントでもゆとりがある方が良くて、出来ればタープも張りたいといった要望が強かったです。 41

46440円 税込• 内側にインナーポケット・ランタンフックが付いています。

ソロキャンプにネイチャーハイクテントは!? そして、ソロキャンプといえばファミリーキャンプに比べて費用を抑え楽しむ事が出来るのも良い点です。

・インナーテントは吊り下げ式を採用。

前室に高さがあるソロキャンプ用テント• ポールでフライシートを持ち上げれば、日差しをよけたリビングスペースに。

バックパッキングテント• この室内部分となる、インナーテントの前にある空間が前室になります。

流石にテントは売ってませんが、キャンプに必要っぽい物は大体揃ってます。

背負うのか自転車やバイクに積むのか車で持って行くのかによって選ぶサイズも変わります。

キャンプスタイルを決めよう そして、ソロキャンプをするにあたり軽量化が必要か、テントにはある程度の広さが欲しいのか、タープの下でゆっくりお洒落キャンプを楽しみたいのか、キャンプスタイルも考えなければいけません。

非自立式•。

緑豊かな景観になじむ、かっこいい迷彩柄も魅力的 購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください
移動手段やどのようなソロキャンプをするのか決まっていれば、お気に入りのテントが見つかりやすくなります カラーは今のところグレーの一択のみとなっています
UV対策と高い通気性で夏にぴったり!• 因みにAmazon限定色の、オリーブもあります 必要最低限の装備が良いのであれば、コンパクトで済みますが、焚き火台や薪ストーブを使って豪華なキャンプにしたいなど、 用途によってもテント選びは変わってきます
・シングルウォール:インナーテントのみの一層構造 ・ダブルウォール:インナーテントとフライシートの二重構造 ソロキャンプテント(ソロテント) は前室の有無で選ぶ 出典: テントには居住スペースとは別に前室が確保できるタイプがあります icamp(アイキャンプ)• 難燃加工で安心して使えるモデル• 雪が降る日にキャンプへ行かなければこれで問題ない様に感じています
気になった点は、設営時にポールを立ち上げようとする際にグロメットからポールが外れやすいところ ポールは丈夫な7001アルミ合金を使用し、風が強い日も安心です
税込み17,980円• 税込み7,980円• 高さはそれほどありませんが、ひとりで使うことを考えれば前室は十分な広さが確保されています 下からの浸水をガード!雨の日でも快適にすごしたい方へ• 登山に使いたいという方も、こちらのテントを選ぶようにしましょう
収納バックにはコンプレッション機能も付いています そうなれば完全に1人用のテントがいいと思います