オールナイト ニッポン 聴取 率。 ニッポン放送が聴取率首位に立てない理由は、出演者からの信頼失墜にあることが証明されたように思う

本当は3年も2部をやったならそろそろ1部に昇格してもいい頃だとは思いますが、いかんせん1部に空きが出なさそうなのでこのままかなと思っています。

過去に同局へレギュラー出演していたのさんが、昨日の『たまむすび』 月-金曜13時 の冒頭でへの思いを吐露していました そのような実績も踏まえ今回木曜2部の新パーソナリティとして予想しました
いです 聴取率は大体0. 聴取率首位はうれしいです リスナー層は10代が中心で、ニッポン放送の全日帯の聴取率が0・7%前後を推移している点から、「驚異的な数字ととらえていただいていい
などを見ていてもラジオリスナーから未だに風当たりが結構厳しい様子を感じており、それもこの予想に多少反映しているところもありますが、個人的には普通に面白いと思っていますし、そこまで厳しくなくてもいいんじゃないの?とは思います 番組の冒頭でも出てきますので一応書いときました
だからSNSも活用するし、タイムフリーでいつ聴かれてもいいという考え方で 評価基準はすごくいろんな指標からできると思っています
毎週繰り広げられる圧巻のフリーやプロデューサーのブッキング力を活かした豪華なゲスト陣は深夜ラジオリスナーのハートを掴んで離さず、先日開催されたオンラインイベントでは17000枚ものチケットを販売しました ニッポン放送が12日、東京・有楽町の同局内で定例の社長会見を開いた
まだTBSラジオがスペシャルウィークやってた頃は、山里亮太の水曜JUNKが「今回もトップだった」と喜んでました 他にもナインティナインの岡村隆史や、最近では星野源といった顔ぶれが、ラジオでしか感じ取れない一面を音に乗せて人気を得ている
またAKB48のほか、オードリー(土曜日)、ナインティナイン(木曜日)、miwa(火曜日)の『オールナイトニッポン』も、同調査において10代単独首位を獲得している もちろん2カ月に1回の聴取率調査は、ニッポン放送としてはその数値を基にスポンサーについていただいたり、ラジオの数字を測る上で大事な指標ではあります
よくネットしてます 社内では、「スペシャルウィーク」という呼称の使用を禁止し、スペシャルウィーク体制を敷くことも禁じた
木曜 昨年5月に劇的な復活を遂げ、以降は収録放送を基本として放送されています 『オールナイトニッポン』のいわゆる1部と呼ばれる時間帯の人たちは顔と名前が一致しているので何も問題ないんですけど、2部と呼ばれる時間帯 『オールナイトニッポン0 ZERO 』 のKing Gun井口さんとかテレビ東京プロデューサーの佐久間宣行さんって、1年前には誰もが必ずしも知っている状態ではなかった
半ばネタ化して言っていたのですが。 4%)。 またニッポン放送全体としても、「10代男性」「20代男女」「60代女性」「高校生」「大学生」などの各カテゴリーで、全局中首位 同率含む を獲得した。 水曜 の 2019年4月に1部に昇格し、昨年4月からはメインパーソナリティのさんに加え、毎週1人乃木坂メンバーが週替わりパーソナリティとして出演するようになりました。 『AKB48のオールナイトニッポン』は、毎週金曜日25:00~27:00放送。 ただ実は、僕が『オールナイトニッポン』のプロデューサーに就任 2018年4月~ してからは、『オールナイトニッポン』はすでに、聴取率とともにradikoの数値を判断基準にしています。 TBSラジオの深夜枠「JUNK」も現体制になった2010年4月以降、オールナイトニッポン ANN に抜かれたことはなかった。
74