本 好き の 下剋上 その後。 ネタバレ!本好きの下剋上13話の感想!神官長からプロポーズ!?ルッツ、ベンノ、マルク、家族、フリーダ、ついでに神殿長にもモテモテマイン

下町に住む、魔力の少ない人間のこと。

何かしらの理由で実家に戻れる場合もある(政変が理由で実家へ戻ったシキコーザがそれにあたる)。

南門の班長を勤め、後に東門に異動、マインが死亡扱いとなった後に東門の士長に昇進する。

カンフェル 青色神官。

文官に見えるような落ち着いた物腰の女性騎士見習い。

フロレンツィア CV: 他領から嫁いできた、ジルヴェスターの第一夫人。

ヴェローニカ派の対抗派閥であるため、ヴェローニカ派が権勢を落としてからは話中の存在感が無くなってくる。

夫であるラオブルートのことは職業上人を疑うことが仕事であると理解を示してはいるが、アナスタージウスの命令で口外禁止のトルークの調査をしているうちに夫の近辺を探ることになる。

今から第3期のアニメの放送が始まるのが楽しみですね。

デリア 声 - 神殿長に付けられたマインの側仕えの灰色巫女見習い。

37
でも、ここで分かって よかったなって思ってます。 紺色のストレートの髪に金色の瞳。 それでもエーレンフェストに侵攻を仕掛け、領地の礎を簒奪する直前まで追い詰めるがジルヴェスターの強運もあって捕えられてしまう。 次期アウブの支持に関しては特に明言されておらず、フロレンツィアの子供なら誰でもよい立場だと思われる。 そして マインの正体を知ったルッツは、本当のマインでないと知っても、それでも マインはルッツの救世主で支えるのは自分だと伝えました。
15
国や領地に魔力を注がないと国そのものが維持できないため、より大きな魔力を持つ家柄の人間ほど身分の高い貴族として扱われる しかし、婚約後は ルッツもトゥーリのことを結婚相手として意識しだすようになりました
上級貴族 更新速度は非常に早いのが特徴で、平成27年2月28日より、それまでほぼ毎日更新だったのが、平日のみの更新となった
初孫娘のローゼマインを溺愛しているが、力の加減が苦手なため接近を禁止されている 色違いのワンピースに魔術的加工を施されたベストを着ていた
リヒャルダの息子 子供らしい丸みを帯びていた顔は少しほっそりと輪郭を変え、愛らしさのあった顔立ちは玲瓏とした美しさに変わり、すんなりと伸びた指先に子供の丸みはなく、しなやかさを持つ
お話としては「神殿で神官長がマインの記憶を覗き、マインに「麗乃」という人間としての記憶や、現代日本の知識があることを知った」ところまでです 会う人々が増えるたびに、マインによく関わっている登場人物の名前は覚えられるけど、 あまり関わりのない人は覚えられない
そのためにマインは愛する家族との絶縁を余儀なくされる ローゼマインの出生を知っており、同腹の妹となったローゼマインが何かとフェルディナンドを煩わせるにも関わらず、名捧げすることなくフェルディナンドの信頼を得ていることを妬ましく思ったこともあるが、ローゼマインとフェルディナンドの関係性に驚きの連続であり、ローゼマインが領主一族・神殿長という立場でフェルディナンドの負担を減らし、フェルディナンドを心配して小言を言うなど、嫉妬心は吹き飛んでいる
次期ツェントの継承から外れた王族の1人が従者を引き連れて出奔し、グルトリスハイトを使って打ち立てた国家である バルトルト エーレンフェストの文官見習いで、旧ヴェローニカ派の子供の1人
95