エアコン ガス 入れ すぎ。 『エアコンガスの補充でのトラブルです。車に詳しい方よろし...』 日産 パルサー のみんなの質問

ガスを補充する際には必ずコンプレッサオイルなども入れてくれるお店で入れてください。 またコンプレッサの圧縮室内に入ると,液圧縮をおこし非常に大きなトルクがかかります。 そうこうしているうちに 前回50g使用した冷媒ガス200g缶が. 正しくは、[冬場に、コンプレッサーは回るんでしょうか]です。 R410AとR410B。 圧力を調整して余分なガスを抜きました。
何か納得がいきません エアコンコンプレッサが壊れるとサイクルの交換が必要に エアコンのコンプレッサが焼き付きや異音などで交換が必要になると、コンプレッサの鉄粉がエアコンサイクルに流れ込んでしまいます
「今までガスやオイルがあった部分が 何もなくなり」というようなことは起こりません 」と言われたので、 「それじゃあ満タンまで補充して下さい」と頼むと、 「お車がかなり古い(平成3年式)なので、ガスを満タンに充填すると、コンプレッサーに負担がかかりますので、お勧めできませんよ
エアコンガスはサイクルの中で戻ってくるので、著しく減ったりしません そのため、室外機を無理に動かさないようにしましょう
常連さんならば、どのような整備をされてきたかが車歴として残せます 」と言われました
簡単ですが,ご参考になれば幸いです そのまま何度か高圧の異常を検知すると、2000kPa台に収まるが、オフ後に時間を置いてからオンにし直すと再び異常高圧になる
2年も比重変わった状態で使ってたんですよ 補足 エアコンをONしない状態でも、2本目を入れた後と入れない前の燃費は変化があり悪化しました
自分で補充したほうが出費がかさむ可能性も! エアコンガスの補充に使う機器には、 1つ20,000円以上するものもあります エアコンの効きが悪いと感じたら、一度確認してみましょう
やはり、しっかりとしたディーラーに点検を依頼するのが良いと思います ほんの少し抜けるってのは、家のエアコンと違って車の振動が原因みたいですが、年に数グラム~数十グラム程度で、効きが悪くなるほど顕著には抜けないのです
冷媒量が多すぎるかどうか不明ですが、適正量ではないときに、下記のようになります 配管の亀裂・劣化 エアコンの寿命が近づいてくると、配管に亀裂が入ったり、穴が開いてしまうことがあります
考えられる原因には下記のようなものがあります R410Aは混合冷媒なので、ガス漏れすると比重が変わってしまうのは確かですが、それがどれほど影響する?
37