フレイザー ド メドローア。 ダイの大冒険フレイザードが今でも人気がある4つの理由とは?

氷炎結界呪法の影下から撤退しようとしたのを挑発するように、気絶していたを氷漬けにするも、結局撤退を許す結果になっている。

しかし自体を吸い込んでしまう材質のため、一切の効果を発揮する事くメドローアが消滅。

その精神性もあってかフットワークは軽く、積極的に前線に出て手柄を立てようとし、ザボエラのように人道に反する卑劣な策謀さえも平然と扱える。

というか人間の中ではぶっちぎりで彼が最強であろう。

フレイザードの刹那的な思考を体現した技。

それを裏付ける一面として、当時不死騎だったとは特にそりが合わず、隙あらばその功績を横取りした上で殺そうとした事がある。

「凍れる時の秘法」で時間が止まっている物体に対しての攻撃を念頭に開発されたからか、時間の止まった物体に影を与える事が出来る一の方法。

受ければ「カケラひとつ残らん」とのこと。

但し、生命を著しく消耗する大技である為、通り命を賭した大博打とも言える技である。

67 92
しかし、貴様は違う・・・むしろ俺達と同じだ ヒロアカの轟と比較されるけど、その轟はよりによってフレイザードが忌み嫌っているヒュンケルである -- 名無しさん 2020-12-05 13:48:27• もう一度を請うフレイザードだったが、情にもに踏み潰されて彼の命は尽きた
総じて「絶対防御不可能なチート技」と言うわけではなく、むしろ使いどころの難しいシビアな技といえよう 魔軍時代のの性格をもっと極端にした性格の持ちで、非常に残且つ功名心が強い
特筆するものは以下に列挙する フレイザード• しかし冷静に考えると、ヒュンケル氏はアンデッド軍団を率いてパプニカ王国の人々を恐らくは大勢殺しているのである
フレイザード• このダイは 竜魔人化したダイを想定しており、1位の根拠は最強形態である「 鬼眼王」バージョンのバーンに1対1で戦い勝ったからです しかし管理職であるハドラーは、あまりバーン様のために働いていない
火炎()系と、氷()系の両方の極大呪文に当たる ダイ一行が逃げないようにを氷漬けにする 以上の事から、武人と卑怯者ばかりの軍団長の中では一番「将軍」気質と言える非常に厄介な性格の持ち主と言える
ハドラーを差し置いてバルジ島編のボスとして強いインパクトを残し、散っていったフレイザード フレイザードとは、「」の登場人物である
38