おひとりさま の 寂しい 日常。 老後のおひとり生活の不安、夫婦2人家族は9割超

趣味を作る 何か趣味があると、暮らしに彩りが生まれます。

それが、上機嫌の「おひとりさま」になる秘訣ですよ! [関連記事]• 気の合う友達でも家族でも親戚でもいいのです。

もし、そんな気の合う友達がいたら、「今日はたまたまひとりでいるだけだから、恥ずかしくない」と思えるようになります。

定期的に国内・海外どこでもいいので旅行をする。

機嫌のいい「おひとりさま」に! ここまで機嫌のいい「おひとりさま」でいるための4つのポイントを紹介しました。

それは僕もそうだと思うから、「つながれ」って言っているんだけど、ことさら「孤独=悪」と言って非難する人たちは、そう言っている本人が孤独になることがものすごく怖いからなんじゃないかと思います。

また、生活の中に楽しみがあると、普段の仕事にも張り合いが出ます。

単身のサラリーマンや学生も多いです。

それは今が豊かで便利な時代だからでもあるのでしょう。

自立できていないから、誰かと一緒でないと行動できないことも少なくないですし、逆に、自立しているからこそ、2人や複数でも、相手に頼り過ぎることなく、また相手の要望に応えてあげやすくなるのです。

17

「なぜあなたは一人で飯食ってて寂しくないの?」って、孤独におびえるおばさんやおじさんは問うてくるんだけど、逆にソロにしてみれば、「一人でご飯食べるのが、なぜ寂しいんですか?」っていう話ですよね。

だけど、苦しくなりすぎないように、上手に付き合っていきたいですよね まず覚えておいてほしいこと。

そして一人の老後はさびしいという 短絡的な思い込み。

自立できていないから、誰かと一緒でないと行動できないことも少なくないですし、逆に、自立しているからこそ、2人や複数でも、相手に頼り過ぎることなく、また相手の要望に応えてあげやすくなるのです。

ただ、色々な選択肢の中で、「私は今、おひとりさまを選んでいる」という意思が、ひとりでいる時間に対して、より幸せに感じることができるのです。

職場や学校で、「ひとりでご飯を食べているのを見られるのが恥ずかしくて、トイレで食べる」なんて人がいると、よく聞きます。

「おひとりさま」を楽しめる人は、「おふたりさま」「ふくすうさま」でも快適に過ごしやすくなります。

荒川:違う、逆ですよ。