続柄 子 長男。 法務省:戸籍における嫡出でない子の父母との続柄欄の記載の変更について

少々まどろっこしい様に感じますが、どのきょうだいの子なのかを明記する必要があります。

確定申告 確定申告の続柄はどうでしょう? こちらは年末調整とは違い、世帯主との関係性がわかれば良いので、お子さんが何人であっても「子」でOKです。

大方の世帯の場合、もっともお給料が多い人を世帯主とするケースが目立ちます。

続柄の書き方で書類提出者との関係を、はっきりと分かるようにしなければならないため、難しいです。

「確定申告」 基本的には住民票と同じく、「世帯主」からみた関係性を記入します。

世帯主の続柄:世帯主からみた自分の続柄• それは、「きょうだい全員の中で何番目に生まれた子供か」、ではなく、「 男の子のうち何番目に生まれた子供か」「 女の子のうち何番目に生まれた子供か」を指します。

書類提出者との関係性が夫の場合は続柄は「夫」か「主人」で、事実上の養子である夫は「縁故者」です。 書き方に迷ったら調べればOK 続柄について、概要など書いてきましたがいかがでしたでしょうか。 再婚相手との続柄は記載されません。 私の手元にある子供の入学書類にも、続柄は「子」と書いてありました。 または、「夫の父、夫の母」とも記入することも問題なく通ることが多いです。 なぜ敢えて読み方から話しはじめるのか、それは実に9割近い方が正しい読み方をしていない、知らないと言われているためです。 年末調整 申告者から見た関係性• 義理の甥、姪の場合は「夫(妻)の兄の子」「夫(妻)の弟の子」「夫(妻)の姉の子」「夫(妻)の妹の子」となります。 また養子縁組をしている場合の「養子」「養女」についても、すべて「子」で統一されています。 続柄を書くための書類としてよく登場する「住民票」と「年末調整」そして「確定申告」の書類について把握しておけば、ひとまず問題はありません。
51