切開修正。 ミニ切開法や全切開法で二重を作った後、再び二重の手術をして幅を変える場合について : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック

78
方法 下記の手術を3回以上に分けた段階的手術 上眼瞼脱脂 + 新挙筋法(マニー社製最高級埋没糸)2針4点固定法 + 目尻切開LEVEL3 + 目頭切開LEVEL1 + 下眼瞼タルミ切除術 + 脂肪注入(こめかみ・額) 他院修正:6 術前タイプ 28才 女性 交通外傷後の縫合瘢痕と眼瞼下垂 希望デザイン 眼が大きく開くようになりたい やはり難易度の高い手術でしたが、脂肪を移植することによって二重まぶたの癒着を消してうまく一重まぶたにしました
神経質な印象を優しい印象に変りました 「手術をしてもあまり変化がない可能性も覚悟してください
肥厚性瘢痕であればステロイドの注射で改善することができ、ひきつれや凹みなどを修正するには、もう一度丁寧に縫合しなおすか、古川法を応用した蒙古ひだ形成で隠すことが可能です しかし希望と違うばかりでなく、目が重く開き難くなってしまいました
早期手術を望むのであれば早めに再手術に向け始動するのが良いでしょう 二重まぶた手術(切開法)、上まぶた手術(上眼瞼除皺術、眼瞼下垂など)の傷が目立つ• 信頼関係を結ぶことができ、信じることのできる医師を選択する必要があります
石原信浩による解決策のアドバイス 二重まぶたの幅が希望通りでなかったのは、術前のカウンセリングやシミュレーションでドクターと患者さんとの意思疎通が十分でなかった場合が考えられます ただし、腫れが完全に引いていなくても、手術を行うこと自体は可能なので、私に関しては6ヶ月待たずに手術することもあります
どちらも、皮膚が引っ張られやすい部位に多いことが特徴です 症例解説:二重切開法は、瞳の大きさに左右差を生じるリスクがあります
二重全切開法の修正再手術、他院二重切開法手術後 症例経過:前から目が小さいことがコンプレックスで、パッチリした目に憧れていた症例です 古川法の術後には、左右差はほぼなくなり、右目頭のへこみのような傷跡が無くなっています
他院で切開してもらったラインが実は左より広い幅になっており、それを同じラインで作ってしまうと右の方がかなり大きくなってしまうのです 希望の目でないために、何度も埋没法を繰り返した後、切開法を行う方が増えています
手術後は反省したり悩んだりしましたが、このまま放置していても治らないので、修正することを決意し、当院の院長に相談されました 二重切開法で失敗しないためには、まず二重切開法について詳しく知り、誤解を解くことが必要です
75