荒川 酒店。 『笑顔あふれる食卓』のお手伝い もりたや

当店でも販売中です 【限定品】 GIN ~ぎん~ 山廃純米原酒 (品番 N6-4 )1800ml 税込価格 3,080円 (品番 N6-4A )720ml 税込価格 1,540円 豊かな米感ある食中酒 を目指した 柴田酒造渾身の限定流通ブランド入荷ッス! 濃醇でふくらみのある腰の強いお酒です
逸品紹介. 最近増えたのが、日曜日なら、 5.ハリーさんでチーズケーキを買う そんな思いを込めました
買わない手はないでしょ 【限定品】 二 兎 ~にと~ 出羽燦々55純米吟醸 (品番 N4-18 )1800ml 税込価格 3,646円 (品番 N4-18A )720ml 税込価格 1,823円 人気酒出羽燦々55の 火入れバージョンッス! バランスの取れた柔らかな旨味が広がる、上品で優しい味わいの二兎です
飲むのが楽しみです 詳しくは 清 酒 風の森 (奈良・御所) R2雄町807 真中採り 香味のバランスに優れた 中採りの部分を詰めた雄町 仕込みの純米酒です
と言うか、感じさせます! 日本酒の可能性を求め、そして新たなる進化へ! 九平治さんらしい挑戦ッス 試行錯誤を重ね辿り着いた丸石渾身の低アル酒です
ご注文と商品が異なる場合、又は不良品以外の理由では誠に申し訳ございませんが 返品をお受けしておりません 酒造りに情熱を燃やす若き蔵人達の 夢が詰まった入魂の一瓶 を是非、味わっていただきたいです
メッチャ滑らかぁ~! 【限定品】 二 兎 ~にと~ 備前雄町33 うすにごり純米大吟醸 生原酒 (品番 N4-21A )720ml 税込価格 5,000円 (箱入) 創業330周年を記念した 最高峰の限定二兎! 33%まで磨き上げた雄町米を原料とし、搾ったそのままを瓶詰めした、贅沢なうすにごりの生原酒です 3.まるやで八丁味噌を買う
【 店頭販売限定 】 1800ml 税込価格 3,493円 (生酒) 【 店頭販売限定 】 720ml 税込価格 1,752円 (生酒) 極少量ですが レア二ト入荷ッス! レアな面も魅力ですが、それよりお味がお見事! マジ旨ッス お酒は嗜好品であるが由え、旨酒は無限です
芳醇な旨味と酸味の絶妙なバランスが神業とも思える出来栄えでございます / / / / / / / TEL03-3893-7417 / FAX03-3894-7607 皆さんの知らない清酒がまだまだ沢山あります
ギフト用にも超おすすめ!喜ばれますぞ! 素晴らしすぎるッス! 美味い地酒、本格地焼酎、荒川 西尾久の伊勢元酒店、伊勢元ではうまい地酒本格焼酎を沢山取り揃えています 【 愛知県 】 蓬莱泉 【 愛知県 】 一念不動 【 愛知県 】 醸し人九平次 【 愛知県 】 二兎 【 愛知県 】 萬歳 【 愛知県 】 众(ぎん) 【 愛知県 】 丸石謹製 【 岩手県 】 AKABU 【 福岡県 】 旭菊 【 奈良県 】 風の森 【 福島県 】 金澤屋 【 和歌山県 】 紀土 【 広島県 】 亀齢 【 滋賀県 】 喜楽長 【 福井県 】 九頭龍 【 福井県 】 黒龍 【 鳥取県 】 こなき純米 【 長野県 】 佐久乃花 【 静岡県 】 正雪 【 宮城県 】 墨廼江 【 山口県 】 獺祭 【 三重県 】 瀧自慢 【 広島県 】 天寶一 【 高知県 】 土佐しらぎく 【 岩手県 】 南部美人 【 福岡県 】 庭のうぐいす 【 埼玉県 】 花陽浴 【 新潟県 】 八海山 【 静岡県 】 初亀 【 福島県 】 廣戸川 【 高知県 】 美丈夫 【 長崎県 】 福田 【 山形県 】 麓井 【 岩手県 】 堀の井 【 高知県 】 南 【 岐阜県 】 三千盛 【 高知県 】 美潮 【 岐阜県 】 無風 【 長野県 】 明鏡止水 【 秋田県 】 ゆきの美人 【 長野県 】 夜明け前 【 石川県 】 吉田蔵 【 茨城県 】 来福 【 岐阜県 】 醴泉 定番乃 ッス! *定番酒がメインですが、限定品等も多数含まれております
49
醸し人九平次 NEW 「La Maison」 ラ・メゾン山田錦 (品番 N1-17A )720ml 税込価格 1,650円 コロナよ!いつまで居座る気だ! 好評のラ・メゾン雄町に変わり、美しいラベルの山田錦が入荷です お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません
2.隆盛でのランチ ハッキリ言って日本一です!ぜんぜん過言ではありません
店主 山梨の笹一酒造さんが消毒に流用可能なスピリッツを製造 (品番 N4-17 )1800ml 税込価格 3,300円 (生酒) 瓶内二次発酵の活性にごり生入荷! 絶妙なバランス、店長大絶賛!開栓は大変ですが 超旨ッス! 創業は江戸時代後期の天保元年(1830)で、当時、庄屋で地主でもあった柴田家が余剰米を用いて酒を造り、それを売り出したことに始まります
みずみずしい果汁感と13%の軽やかさが作り出すライトなウサギ 甘味を帯びたフルーティーな香りが立ち、もぎたての果実の様な酸味と「山田錦」の綺麗な旨みがバランスよく広がる激旨「九平次」です
「G」という名のおいしい辛口白ワインもつくっている 旨味を武器とした飲み応えのある逸品です
03金陵『月中天』(香川)R2純米加水一火入荷済 3.日本酒以上に焼酎が豊富である