初盆 提灯 誰が 買う。 喪主の新盆提灯購入って・・・?

2、「普通の盆提灯」は親戚や兄弟、友人知人、誰が贈ってもいいし幾つ飾ってもよい。

その時に、あら塩をかけて清めてから、白い紙に包んで処分すると、気持ち的にもいいかと思います。

また、故人の新盆がいつになるかというのは意外とややこしいのですが あくまで、故人が亡くなってから四十九日を過ぎて、初めて迎えるお盆になります。 故人の霊が迷ってしまわないように、目印として軒先や窓際に白提灯を飾るのです。 初盆・新盆とは、告別式を終え四十九日が過ぎてから 初めて迎えるお盆のことです。 盆提灯を贈る代わりに提灯代として現金を贈るようです。 葬儀の後の四十九日まで、盆提灯に似た提灯を飾る場合がありますが、これは故人が安らかに成仏することを願って飾るものです。 12日から15日の間にお墓参りを行い、 供養のための法要は、14日から15日に行います。 盆提灯は、 贈られた数が多いほど故人が慕われていた証になるともいわれます。 マンションなどにお住まいであったり、地域のごみのルールから、 最近ではなかなか自分で燃やして処分するのは難しいことが多いです。 お盆の2・3週間前までには提灯を買っておきたい 今回、もらう側の気持ちからお答えしていきましたが、贈る側からしても一緒です。
19
盆提灯の選び方って? 盆提灯といっても、どんなものを買えばいいのか?悩みますよね 初盆の時は白提灯を玄関や門柱に飾りますが、場所や防犯などの関係で縁側や軒先に飾ることもあります
一般的なことを記載しておりますので、必ず周りの方に確認した方がよいです お盆提灯は、その数が多いほど、故人が人から慕われていたことを表すとも言われています
私の家では、良くわからないし、年寄りにしたがっておこう ちなみに、盆提灯には飾る数に制限はないそうです
近親の方は、毎年飾ることのできる、色柄物を贈るほうが喜ばれるでしょう 現金で盆提灯の代金をお供えするには、不祝儀袋に入れて贈ります
ですので、迎え火として13日の夕方に明かりを灯し、16日の夕方に消します しかし、新盆で用意する白提灯は1つで構いません