ザシアン 育成論。 【ポケモンソードシールド】ザシアンのオススメ育成論【超攻撃型】

その場合の性格はわんぱくかしんちょう、ミントを使う場合は防御か特防に上方補正がかかりつつ、特攻に下方補正がかかるようにすると良い。

技構成例• 攻撃技も頻繁に使うので、性格も攻撃力の上がる「いじっぱり」がよいでしょう。

努力値【AS 252】 シュートシティのポケモンセンターで、 「タウリン」と 「インドメタシン」を26個ずつ購入して使用するのが手っ取り早い。

せめて剣の舞があれば、ザマゼンタはもっと使用率が上がっていたかもしれません。

S 143族抜き 最速142族抜き抜き 環境的に抜き調整の上は抜きがラインになると思われる為最も効率の良いラインはここだと思われる。

サイクルへの積極参加 破壊的な攻撃性能に目を奪われがちだが、はがねフェアリーという 盾の筈のザマゼンタより優秀な耐性を持ち、 その攻撃性能も合間って後出しで打ち勝てるポケモンが非常に多い。

こんにちは!ユウキ()です。

タイプにはがねが追加され、と同じフェアリーとはがねの複合タイプとなる。

最終6位構築にも同様の個体がエントリされていた。

ザマゼンタはザシアンに比べて弱点の数が1つ多く、耐性の数が1つ少ないのです。

気になったところなどを随時追記しています。

25
は勿論積極的に出て行きたい相手では無いが対面する機会が多く、 マグマストームの命中率も考慮すると有利な乱数で打ち勝てる ダイマックスしたポケモンはHPが1. 勿論、いじっぱりにすることによって確定数が変わってくるポケモンも少なからず存在しますが、それについて何も触れないまま「いじっぱりで確定」としてしまうのは些か無理があるのではないでしょうか
この構築の個体にはなど壁対策のも採用されていた 苦手なポケモン こちらも基本的には通常のと同じ
まどろみの森でポップとバトルをする• かみくだくがない限り倒すことができない トリックでこうこうのしっぽを押し付けられないだけでも充分強力ですね
なのでとダイマの後処理として、などを用意すると良いかもです! 赤ゲージほどまで減ったのしおふきならでも受けることができます 欠点や疑問、改善点などが有りましたら遠慮なく申し付けください
・仮想敵 不特定多数、他に覚えさせる技の役割範囲を拡げることができる せいなるつるぎ 威力90 命中100のかくとう技です 一対一での対面性能だけで見るとよりもTOP15に刺さってるんですけど、後続やダイマを考えるとタイプ一致150の巨獣斬を持っているの方が優秀という事ですね
乱数について 高乱数1発……最大乱数110. 正直、で良いのでは?という感想しか浮かびませんでした AをDに回すとサイコメイカーで自身の火力を底上げできたテテフの劣化になってしまう Sは別 ので今回Aに回させていただきました
特に対面はダイマックスされてもきょじゅうざん+でんこうせっか+珠ダメージ2回で確定落とせるのため 禁伝枠+ダイマックス権と最低限相打ちは取れるという調整 ステロ要員としてを入れるとカイオーガ対策にもなります
それは比べる対象が強すぎるだけで、ザマゼンタが弱いというわけではありません また、有利対面を作りやすいことは前項のつるぎのまいを使えるチャンスの増加にも繋がる
環境の考察等を深め、全体的に改稿すべきではないでしょうか どうぐ:くちたたて 努力値とは戦闘やアイテムを使い、経験値とは別に加算されるポイントです
33
実は積み技は使えば使うほど能力の上がり幅のバリューは下がるのである ですが、相手がダイマではない立ち回りをした時、基本的にその火力は無駄になってしまいます
補助技もかなり豊富 A : 余り 勿論敵を倒せば被弾回数は減り、1でも高い方が良い為、他のラインにして余りがある場合は迷わずAに振るべきである
ザマゼンタの育成論は優秀だが技と比較で人気が低い ここまでの育成論を見ると強い印象のザマゼンタですが、噂では弱い・不遇といわれています ただ、強い点ばかりではなく、ができずを強化できない点、がやに相性上通りづらい点、最速ミラーが運ゲーになりがちな点、攻撃技がオンリーでありサンダーのの判定を否応なしに受ける点など、欠点も存在する
コメントありがとうございます 相手の能力変化を無視して攻撃します
この育成論ではHP=H、こうげき=A、ぼうぎょ=B、とくこう=C、とくぼう=D、すばやさ=Sなどの略称を使います 本論は、タイトル記載の通り中級者以上 マスターボールクラス以上 向けになります
その他、誤字脱字があった場合はコメント欄などでご指摘ください にはダイマックスを使用することができないため、注意が必要です
攻撃種族値は170、素早さの種族値は138と非常に高く、先制して相手に負担をかけやすい強力なポケモンです 耐久振りザシアンの、素早さのいたちごっこの末に辿り着いた型である
72