コロナ 中国 生物 兵器。 新型コロナウイルスが人口削減のための生物兵器の可能性高まる

しかし、まだ新型コロナウイルスを意図的に流出させたことを示すだけの証拠はないという。

この文書ではまた、生物兵器を使用して最大の被害を引き起こす理想的な条件を説明している。

評論家は、この軍関係者が暴露した情報によって、中国共産党撲滅の波が世界で激化するだろうと考えている。

Copyrights C wowkorea. その代わり、夜や夜明け、日が暮れる頃、または曇った天気の日に風向きが安定した状態で使用してこそ、エアロゾールを目標地域に向かわせることができるという。

執筆者:Steven W. 何故なら、あなたたちはこのウイルスの『本当の正体』を分からないから」「集団免疫を期待しないでください」「2メートル以上の社交距離を持ってマスクをつけてください」「有効なワクチンの開発は奇跡がない限り、難しいです」等の警告をしました。

RCMPの調査によれば、両者がたびたび武漢の研究所へ戻っていたことも明らかになっている。

45
この人物は現在、欧州政府の安全保障部門の保護下に置かれている jp 大紀元 Global Group• 現在、日本で感染拡大している新型コロナがこの研究対象のウイルスと同じものなのかは分かりません
感染源と言われている武漢病毒研究所に中国軍の生物化学兵器の第一人者であり中国人民解放軍少将の陳薇(チェン・ウェイ)が送りまれました その後、5月6日から約1週間、毎日8時間にわたり、アメリカの連邦議会で証言しました
「治りにくいようにする」とか、「免疫のメカニズムを改変する」とか、そういう方向への研究のようにも思われまして、ここから考えられるのは、単純に、 生物兵器としてのコロナウイルスの作成 も、研究目的の中に含まれているか、あるいは、それが主要な目的であるという感じもいたします 中国指導者らにとっての唯一の真の驚きは、中国自身が、他国にばらまこうと画策していた新型コロナウイルスの感染源となったことだろう
頻繁に往来されている スパイクタンパク質で人体細胞の受容体と結合する役割をする部位(RBM)が2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスと似ていた
WHO名誉事務局長のグロ・ハーレム・ブルントラント氏は、以下のようにコメントしている 自然発生と見紛う生物兵器の作り方 そもそも、人民解放軍にコロナを兵器化したいという意志があったことは、本誌6月号で紹介した『非典非自然起源和人制人新种病毒基因武器 日本語訳:SARSの非自然起源と人工の新しいウィルス遺伝子兵器 』 2015年 に書かれている 下画像
新型コロナウイルス肺炎の感染拡大が厳しい状況を迎える中で、彼女の所属する実験施設が新型コロナウイルスの発生源ではないか、という「疑惑」の渦中へと巻き込まれた 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• しかしすぐに、ヘビは新型コロナウイルスに感染しておらず、コウモリは同市場では売られていなかったことが判明した
一方、情報機関は新型コロナが武漢研究所による流出結果である可能性があると疑っている ここに中国共産党の「隠蔽体質」の重大な欠陥が現れている
そのため 日本にも同時期、武漢ウイルスが入ってきていた可能性は捨てきれないのだ 2020年1月9日 武漢市は「1月3日以降、新たな症例は見つかっていない」と説明を繰り返す
中国の科学者らがこの6年間、コロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦を準備してきたという事が、米国の調査機関が入手した文書を通じて明らかになった 米国在住の中国ウイルス学者、閻(閆)麗夢博士は3月31日に発表した第3弾科学報告書で、新型コロナウイルス(中共ウイルス、SARS-CoV-2)を中国共産党(以下、中共)政権が開発した生物兵器であると主張した
中国の科学者らがこの6年間、コロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦を準備してきたという事が、米国の調査機関が入手した文書を通じて明らかになった しかし、起源の追及はこれからが正念場と言える
72
彼らはこうしたウソと言い逃れによって、感染拡大をコントロールできない自らの無能さを誤魔化そうとしているのだろうか?それともより大きな何か、たとえば感染発生の共犯者を隠そうとしているのだろうか? 新型コロナウイルスを生物兵器として使用する意図があったかどうかは正確にはわからない 実際には、新型コロナウイルスが「進行性リンパ球の減少」を引き起こす可能性があるという証拠はある
アメリカ議会でも同様の見解を示している議員が多くいるようです 遺伝子に この部位が操作されたという証拠が現れた
特異なウイルスの感染を知った医者は、SNSでこの情報を公開したが、誤った情報を広めているとして、武漢政府から文書で注意を受けた 「第一次大戦は化学戦争、第二次大戦は核戦争、第三次大戦はバイオ戦争になる」と、まるで今起きていることを予見する内容であった
報復措置:• 中国のバイオ研究の最高峰の施設が武漢にあるのですから、当然とはいえそうですが 中国重慶市第三軍医大学の軍事研究所と中国南京市南京司令部の医学研究所
CEPIは3月10日、「次のパンデミックに備えて100日以内にワクチンを開発できるようにするためには、メッセンジャーRNAなどの最新の技術開発を迅速化するとともに、承認の円滑化に向けた世界の医薬品当局の製造加速化の連携も欠かせない」との考えを示し、総額35億ドルの5カ年戦略への資金提供を呼び掛けていた 果たしてそれは本当だろうか? 中国共産党が、国連の生物兵器禁止条約に署名しているにも関わらず、生物兵器の開発を軍事的優位性を得るための重要な鍵と見なしていることは有名な話だ
」などで報じて以降、主要メディアは手の平を返したかのように、新型コロナウィルスの起源が中国の研究所である可能性を報じるようになっている 昨年(2019年)夏の終わりから秋にかけて、武漢市にある主要5カ所の病院周辺で交通量が大幅に急増
もし中国の科学者たちが生物兵器の研究と開発を急がされていたとしたら、手抜きがあったと見て間違いないだろう 直下の組織でかなり前から、毒物兵器、を開発していたのは周知の事実
「コロナウイルスを生体の中で保存しておく」という手段を獲得するものだと思われます さらに同時期、中国の検索エンジン「百度(バイドゥ)」において「せき」「下痢」などのキーワードで検索する回数が激増
むしろ特徴が 人為的に作成された物に合致していると論証 ブラウンスタイン教授は、分析結果に対し以下のコメントを発表
ADEとは「免疫細胞が相互にケンカする現象」 死亡したのは 中国-武漢市内にある 武漢市中心医院( 武漢中央病院)勤務の 李文亮 医師
95