2030 年 すべて が 加速 する 世界 に 備えよ。 2030年 / すべてが「加速」する世界に備えよ

37

何がどのように変わっていくのか? 深掘りしたいかたはぜひ本書を読んでみてください。

その為には、現状を把握し、学び続け、情報をアップグレードしていく事が重要なので本書を何度も読み返していきたいですね。

(高度成長期と言えど) しかし今後の100年、 僕たちの世代、子たちの世代では 時代は大きく様変わりしていきます。

・第一部:「コンバージェンス」の破壊力 ・第二部:全てが生まれ変わる ・第三部:加速する未来 こういった感じです。

「これまで使っていたものを捨てて、新しい技術を導入する」と決めるのは大きな決断で、これができるようになるためには、その技術をよく理解している必要があります。

日本では2020年12月に発売されたばかりの本です。

第6章 広告の未来 ・SNSマーケティングが急速に発展しているものの、10~12年程度で消滅すると書かれていました。

43
「デジタル化(Digitalization)」「潜行(Deception)」「破壊(Disruption)」「非収益化(Demonetization)」「非物質化(Dematerialization)」「大衆化(Democratization)」で、デジタル化が加速のスタートになり、指数関数的なので最初は潜行してゆっくり進み、既存の製品・サービス・市場・産業を破壊するようになり、コストが消滅して、製品そのものが消え、当たり前のものになっていくそうです。 それが「2030年」が予言する未来が 実現するかどうかのカギになりそうです。 なので、新しい技術を見るときには、その得意分野の中だけで考えてしまいがちなのです。 著名人のクリス・アンダーソンが言うことととあって、本に書かれた未来はすぐそこにあるような気がしていました。 (中略)太陽系は1兆人の人口を支えることができる。 エクスポネンシャルというのは「指数関数的な」という意味で、それだけ進化が早いということです。 そして、3Dプリンタを高速で動かすことで、現在では出来ない速さで生産することが出来ます。 本書は未来を予測する際の考え方、未来を変えるテク、今後各分野でどのような変化が起こるのか、を示した一冊になっています。
66