プジョー 208 アリュール。 プジョー 208|価格・新型情報・グレード諸元

シートは体幹、腰をしっかりと支え快適なドライブをサポートしてくれ、GTラインにはホールド性が高いダイナミックシート、アリュールには疲れにくいコンフォートシートを装備しました。

そして決定的だったのは、グッドイヤー製 ベクター4シーズンズというオールシーズンタイヤが装着されていたことだ。

高速走行時に大きなアンジュレーションへと遭遇すると、時に「ちょっとダンピングが甘めかな」と思えるシーンもあったものの、総じて「プジョー車で随一ではないか」と思える高いフラット感を実現。

プジョーは車名に使われる数字をモデルチェンジのたびに増やしていく方式を改めたので、今回のニューモデルは2代目208ということになる。

最近では珍しい、個性的なエンジンである。

EV車もガソリン車に近い価格になってきているため購入. もうひとつケチをつけると、ディスプレイを囲むメーターナセルの左右に小窓が開いているデザインも意味がわからない。

インストゥルメントパネルのくぼんだ部分にはカーボン調パネルの装飾が施される。

95 62