イースタン 航空 401 便 墜落 事故。 イースタン航空401便墜落事故

事故当日の天候は良く、も良好であり、401便はの誘導に従い降下していた。

鈴木真二 『落ちない飛行機への挑戦 : 航空機事故ゼロの未来へ』 化学同人〈DOJIN選書〉、2014年。

ただ、湿地帯の泥は墜落時の衝撃を和らげる役割を果たしたが、逆に泥に含まれる有害な細菌が傷口から入り、などの感染症を引き起こして入院を余儀無くされた者も数名いた。

空気が薄い成層圏を飛行するジェット機は、機体の姿勢のずれを尾翼が作る空気力だけで補正するのでは不十分なので、巨大な尾翼を備えるか、あるいは常にパイロットの操縦が必要とされました。

わずか数分で高度が一気に下がり、警告音も鳴ったが、クルー4人は作業に 集中していて誰も気付かなかった。

さらにボーマンは新鋭機材を投入し、運営効率の向上を図った。

音声記録を調べたところ、機長が幼い息子と娘を機長席に座らせ、 あろうことか操縦桿まで握らせていたことが判明。

自動操縦装置が作動しているので問題ない、という機長の親バカ行為だったが 操縦桿を握った息子が無自覚のまま機体の隠しコマンドを入力してしまい 自動操縦の一部が解除。

また、滞在先のホテルで女性清掃員にセクハラする、宿泊客に下半身を見せるなど 素行に問題が見られ、事故前夜には機長から今後の乗務禁止を言い渡されていた。

23