アメリカ と 中国 戦争 したら。 アメリカが想定している「対中戦争」全シナリオ(渡部 悦和)

*中国の超音速滑空弾 しかし、アメリカの政策にとっては、自国の利益が直接脅かされていないのに、わざわざ軍事的敗北や経済的破滅というリスクを冒すために行動するのは意味がない」と結んでいる
後、味方する国のことも考えるべきですが 中ロとも、味方は少ないですね これを中国の多くのサイトが転載した
双方にバランス良く武器を輸出し 儲けます 陸自と海兵隊が持久戦を覚悟したら1ヶ月掛かっても落とせない
なぜなら中国は空軍基地を攻撃したり海上で空母を攻撃したりするだけでなく、宇宙で米軍のセンサーを攻撃するからだ これはかつて米ソ間(冷戦終結後は米露間)で締結された中距離核戦力全廃条約(Intermediate-Range Nuclear Forces Treaty=INF)という軍縮条約が禁止していた武器の一つだ
世界はもはや、この事態について考えなくてはならない時を迎えている 以前TVで実態を放送してましたが、インタビューを受けた人は「軍人だけど銃を持つ事はない」と述べてました
特定非営利活動法人エポックメディア• そのシミュレーションによれば、もし中国が台湾を武力攻撃した時にアメリカが台湾を応援して米中間で戦争が起きた場合、「おそらくアメリカが敗ける可能性が高い」という結果が出たという また環球時報自身が社説を発表した
この数年後に、中国はキラー衛星の実験を成功させ、西側諸国から非難を浴びました つまりASBについて学ぶということは、日本有事の一例、ひいては日本の防衛のありかたを学ぶ、ということにほかならない
26
国民はただ、中国が攻めてくるのを見ていることしかできないのだから だがイノシシ・豚の致死率は高い
台湾で民主化が進み、初めての総統選挙が行なわれることになった それと一つ気になっているのが、まだ噂に過ぎませんがロンギヌスの槍の存在です
そうなると中国が有利になるので ロシアを援助します これを中国から見た食料に置き換えてみる
昨年トランプはINFから脱退すると宣言したため、2019年8月2日を以て消滅したが、トランプがINFから抜けると言ったのは、中国が加盟していないために、中国が無条件に核戦力開発を進めることができたからである 1996年の、台湾海峡ミサイル危機だ
空母も全く約に立たず、開戦直後に撃沈です 米中関係悪化の行きつく先は、ホットウォー 武力戦争 だ
66
中国戦争50年計画だと、最初は台湾、ベトナム日本 モンゴル、インド、ロシアとの戦争を計画している。 長期戦になれば、中国有利です。 そこで中国の国際戦略というか基本戦略は、太平洋への進出だ。 空軍、海軍、陸軍、戦略ミサイル軍は海から近寄ってくる敵を海で打撃して追い返すのが主目的。 どんな戦争をするかによる。 「世界中を〇時間以内に攻撃する能力を有した」との内容です。 1992年に中国が領海法を制定して日本の領土である尖閣諸島を中国の領土として明示した時、日本は何も反対せず、むしろ天皇陛下の訪中を実現させて、事実上、「尖閣諸島を中国のものと規定した中国の領海法を認めます」というシグナルを中国に送った。 その場合に想定される米軍の主要な攻撃対象 標的 をマッピングしたのが次ページ図である。 今秋、11月のアメリカ大統領選でトランプが勝てば 少しは望みがあるが、負けたらアメリカを頼るのは 難しい局面を迎えるかも知れない。
82