子犬 トイレ の しつけ。 【ドッグトレーナー監修】子犬のしつけはいつから?順番は?しつけの「基本」5つのポイント|ANA Travel & Life

おしっこが跳ねない床材 犬はキレイ好きなので、 おしっこが跳ねて体が汚れるのを嫌がって、 水分を吸収しやすい床材をトイレに選びやすいです。

生後3ヶ月ころの子犬は、犬のこれからの成長にとっても大切な時期になります。

ただ、その力加減やタイミングは母犬ならでは。

私もトイレには散々泣かされてきました、、、 最初の頃はハウスに入れることを窮屈でかわいそうだと思い、部屋で野放しにしていたんですね。

それは、 子犬がケージ内のどの位置にトイレをしたがるのかを観察すること。

トイレを覚えてきたら、ケージ内のシートの範囲を狭め最終的にはトイレトレーのサイズに限定します。

子犬の甘えたい気持ち、遊びたい気持ちを満たしてあげても人の手に甘噛みしてしまうようならば、冷静に「痛い」といってさりげなく甘噛みしている手を隠してしまうだけでいいのです。

また、片付けの際にじゃれついたり声をかけられたりしないようにしましょう。

ただ、犬によってそれぞれ個性があり、得意不得意が存在します。

このような対応は、一見すると子犬にとてもかわいそうなことをしているように感じるかもしれません。

家の中での排泄を我慢する習慣がつかないように、家で排泄をした後に散歩に連れて行くようにするとよいでしょう。

成犬や大型犬は1回の排泄の量を考えて、メーカーが推奨している犬種に合ったサイズの購入をおすすめします。

さて、仕事から帰宅し、 嬉しくて子犬が興奮しているなら、対応は無視です。

子犬のトイレのしつけは、家にお迎えしたときから始めましょう。

社会化期やワクチン接種の状況などの健康状態を考慮の上で、ほど良いタイミングから少しずつ本格的なお散歩を始めてあげてください。

67

動物は、自身の行動や経験によって得られた結果から、それ以後その行動を繰り返すかどうかを学習します。

もちろん、病気やケガ、皮膚の異常などによって痛みがあるためにブラッシングを嫌がるのであれば、その治療が先決ですし、ブラシのあて方が荒い、またはブラシが合わなくて痛い思いをさせているのであれば自分のやり方やブラシそのものを変えてみる必要があります。

積極的な触れ合いを持つのは、給餌や排せつ物の片付けの際などの、ごく短時間のみにするよう意識し、それ以外のタイミングでむやみに鳴いたり騒いだりなどの自己主張をしても、それに応じてかまったり声をかけたりしないようにまずは心がけましょう。

もしも興奮があまり激しいようなら、まずは遠くで慣らしたり、その興奮を鎮めるためのしつけや工夫を優先しなければならない場合もあります。

「要求咆哮」(ようきゅうほうこう) 相手に何かして欲しい時に吠えるもの。

少なくとも自分より犬の目線が高くなるように持ち上げたりしない」「寝転んでいる時に自分のお腹の上で子犬を遊ばせると目線も人間より高くなり、かつ、人間がお腹をさらけ出しているということは犬のルールからすると下位にある個体がすることなので犬に勘違いをさせてしまうためよろしくない」といったような意見もあります。

反対に、外でしかしない子は粗相の心配はないかもしれませんが、どんな悪天候だろうと、飼い主さんの体調が悪くても外に排泄に行かなければならなくなってしまいます。

人間社会の中で、犬と人が快適に暮らしていくため、子犬のしつけは大切なのです。

99