ポスト フェード。 ポスト・グランジ

02 藍田美豊(少女隊) 1993年3月31日 2年前にソロシンガーとしデビューしたもの. Textureで画像ファイルを参照、Intensityで汚れの強さを調節できます。

フィジカル 敏捷性と体の強さが上がる物を選択しています。

例えば、ポストマンがポストアップしている時にはディフェンスから遠い方の手がターゲットハンドになる。

プリフェーダーの状態 このように背景が緑色になっている状態がプリフェーダー設定です。

スクリナーがセットする位置や方向などによって、いろいろなスクリーンがある。

この値を上げることでBloomの強度を強くできます。

ポンプフェイク(pump fake) ゴール下で、ボールを持った選手がショットをすると見せかけてボールを上下にふるフェイクのこと。

【Dirtiness】 レンズに付着した汚れやゴミを表現します。

ウイーブ(weave) 交差する動き、すなわちパスした後その相手の後ろ(または前)を通る動きを、3人以上が循環的に連続させること ブロック ショット block shot ディフェンスがシュートを空中で叩き、ゴールインを防ぐ動作をいう
(クローズスタンスの反意語) オペレーションゾーン(operation zone) ボールを受け取った時に直ぐに効果的な1対1の攻めができる場所のこと アニメーション機能の質問(フェードイン、フェードアウト) 💕 仮にSEND出力を生かしてもレイテンシーの関係でモニター出来ないのではないかと思います
(インサイドフットの反意語) アウトナンバー(out number) 有効な攻撃が展開できる場所で、オフェンスがディフェンスよりも多い人数で攻めること いずれもディフェンスにとってストロングなサイドという意味である
Post-Process Volumeの「add efect…」をクリック、さらにUnityを選択するとさまざまなエフェクトが表示されます 要は 常に自分に合った情報を自動的に厳選して目に触れるようにしてくれる場所なんだと思ってもらえればいいかと思います
ボックス・アンド・ワン(box and one) 相手オフェンスの鍵になる選手をマンツーマンで守り、残りの4人が箱型のゾーンで守る方法 ポストフェーダーの状態 デフォルトではこのように文字の背景が青色になっていますが、この状態が「ポストフェーダー」です
ショットセレクション(shot selection) どのような状況で、どの場所からショットするのが良いかを選択すること フィルターやエフェクト効果そのもの• 例えば、スクリーンに対する「ファイト・オーバー」という用語もきっとピート・ニューエル氏が日本に伝えたものなのでしょう
クロスコートパス(cross court pass) ボールサイドからヘルプサイドへとコートを横切るパス ポストプレイヤーは、スピンムーブなどのやフックショットやジャンプショットなどのを放ち自ら攻めるか、もしくは残りの選手にして攻撃を展開させる
(リードフットと同意語) フレアーカット(flare cut ゴールに対し外側に広がるような軌跡のカットのこと ハイポスト:フリースローレーン付近
音楽の破壊力だけではなく、視覚的にも存分にインパクトを残せる唯一無二のロックバンドとして注目されている フロート(float) ボールから2パス以上離れたディフェンダーが、ボールの移動にともなって、自分のマークマンから離れてボールの方へ寄ってヘルプポジションをとること
23