コロナ 禍 の 読み方。 『コロナ禍』の正しい読み方や意味とは?『渦』や『鍋』との違い

コロナから来る「禍」(わざわい) コロナが引き起こす「禍」 これが「コロナ禍」のことです。

「禍(わざわい)」は「舌禍」など、主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。

水や風の流れが台風のようにグルグル巻きになっている状態のことですね。

コロナ禍は、さまざまな苦境や問題を一言で表現できる便利な言葉です。

自然災害自体を防ぐのは今の人間の力では出来ませんが、災害による被害を減らす、減災ということは人々の努力や工夫で出来ると思います。

コロナ禍・コロナ禍中の意味は? ではそもそも 「 コロナ禍」ってどういう意味なのでしょうか。

『わざわい』という読み方があるように、禍には災いや不幸せなどのネガティブな意味があります。

正しい漢字はこちらです。

これって漢検何級レベルなんでしょうか。

36

この漢字を「か」と読む慣用句(ことわざ)は主に2つ。

コロナ禍とは? 『禍』は、わざわい を意味する言葉で、『か』と読みます。

テレビやラジオで伝え手が[コロナ \カ]と声に出して言っても聞き取りにくく、聞き取れたとしても「コロナ禍」は最近使われ始めた新語であるため意味が伝わりにくいからです。

時勢的に覚えておきたい漢字の1つです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!. 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。

42
「禍」という漢字 音読みは「か」で、訓読みは「わざわい」だそうだ。 いまいち自信が持てない。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。 この「コロナ禍」で年賀状のことも最近あーだこーだ言われてるし。 阻止できる災いか、できない災いかで使い分けられているのです。 辞書を見てみますと「 禍」には 1.良くないこと。 この記事では「コロナ禍」の読み方や意味について解説いたします。 また先述のように、ライブやイベントをオンラインで公開することによって広告収入を得るというアーティストやイベンターも出現しました。 禍はしめすへんですが、渦はさんずい、鍋はかねへんになります。 🔸コロナ禍の影響で多くの博物館、動物園、水族館が臨時休業をする事態となっています。