計量 法。 違法な「メジャー」がネットで堂々と売られている!? 「計量法」って何?

検定はとくに必要と認められるもので、政令で定められたものについて行われる。

・ミリトル・マイクロトル(生体内の圧力)• ドーナツは菓子類の油菓子になりますので、 12菓子類の(2)油菓子を見ます。

取扱説明書• 従って、 内容量が表示量を超えている場合(過量)にかかる量目公差は規定されていない。

特定計量器一覧(令第2条) 一 タクシーメーター 二 質量計のうち、次に掲げるもの イ 非自動はかりのうち、次に掲げるもの• ・(土地面積)• 量目公差については上記の特定商品一覧の公差の欄を確認し、下記の量目公差表で該当する部分をご覧ください。

ただし、SIを使わないことに何らかの罰則が伴うものではない。

以下同じ。

)の施行前に改正前のそれぞれの法律の規定によりされた許可等の処分その他の行為 (以下この条において 「処分等の行為」という。

(一般、環境(騒音・振動、濃度)) 脚注 [ ] []• )の表示が付された特定計量器 (第50条第1項の政令で定める特定計量器であって第84条第1項の表示が付されてから特定計量器ごとに経済産業省令で定める期間を経過したものにあっては、第50条第1項の表示が付され、かつ、同項の表示が付されてから経済産業省令で定める期間を経過していないものに限る。

検定の対象となるpH計と検定有効期間 ガラス電極式水素イオン濃度計ということで、ガラス電極式pH計が検定の対象になりました。

97

ただし、国若しくは地方公共団体又は独立行政法人通則法 (平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人であって当該計量証明の事業を適正に行う能力を有するものとして政令で定めるものが当該計量証明の事業を行う場合及び政令で定める法律の規定に基づきその業務を行うことについて登録、指定その他の処分を受けた者が当該業務として当該計量証明の事業を行う場合は、この限りでない。

銭湯に設置したはかりを使用しての計量(単なる自己の健康管理用)• 産業技術総合研究所 計量標準総合センター、2006年、p. 対象となる計量器は温度計、電力量計など18器種であるが、これらは状勢により改廃される。

) ロ アネロイド型血圧計 九 流量計のうち、次に掲げるもの イ 排ガス流量計 ロ 排水流量計 十 積算熱量計のうち、口径が四十ミリメートル以下のもの 十一 最大需要電力計 十二 電力量計 十三 無効電力量計 十四 照度計 十五 騒音計 十六 振動レベル計 十七 濃度計のうち、次に掲げるもの イ ジルコニア式酸素濃度計のうち、計ることができる最高の濃度が五体積百分率 以上二十五体積百分率以下のもの ロ 溶液導電率式二酸化硫黄濃度計のうち、計ることができる最高の濃度が五十体積百万分率以上のもの ハ 磁気式酸素濃度計のうち、計ることができる最高の濃度が五体積百分率以上二十五体積百分率以下のもの ニ 紫外線式二酸化硫黄濃度計のうち、計ることができる最高の濃度が五十体積百万分率以上のもの ホ 紫外線式窒素酸化物濃度計のうち、計ることができる最高の濃度が二十五体積百万分率以上のものヘ 非分散型赤外線式二酸化硫黄濃度計 ト 非分散型赤外線式窒素酸化物濃度計 チ 非分散型赤外線式一酸化炭素濃度計のうち、最小の目量が百体積百万分率未満のもの及び最小の目量が百体積百万分率以上二百体積百万分率未満のものであって計ることができる最高の濃度が五体積百分率未満のもの リ 化学発光式窒素酸化物濃度計のうち、計ることができる最高の濃度が二十五体積百万分率以上のもの ヌ ガラス電極式水素イオン濃度検出器 ル ガラス電極式水素イオン濃度指示計 ヲ 酒精度浮ひょう 十八 浮ひょう型比重計のうち、次に掲げるもの イ 比重浮ひょう ロ 重ボーメ度浮ひょう ハ 日本酒度浮ひょう. 次項において同じ。

別表第一(第3条関係)• )が十ミリグラム以上であって、目量標識の数が百以上のもの((2)又は(3)に掲げるものを除く。

)を表記しなければなりません。

計量法は、「計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保し、もって経済の発展及び文化の向上に寄与することを目的」としています(計量法1条)。

概要 [ ] (1951年(昭和26年))を全部改正して、1992年(平成4年)に制定された。

参考値の付与• 経済産業省「電子政府の総合窓口」より引用 政令で定める誤差のことを「量目公差」というそうですね。

もともとは日本におけるの基準を定め、取引が統一基準の下に行われることを目的とした法律()であったが、現在の計量法は(SI)の採用により、国際的に計量基準を統一することと、各種計量器の正確さを維持するためのの維持を主な目的としている。

75