川 の つく 都 道府県。 日本の旧国名

この時点では江戸時代の藩や天領の境界をほぼそのまま踏襲したものであったため、が全国各地に見られ、府県行政に支障を来たしていた 合体と編入の例外 [ ] 平成16年法律第57号による改正で、簡略な方法による合体・編入の手続きが新設された
東京・京都・大阪の郡としては・・の郡を記した 統廃合に際しても、いずれかの県庁舎が継承される場合には、その県名も継承している(の「統合」「編入」およびの「編入」参照)
道府県 [ ] 戦後、(昭和21年)9月の府県制改正に伴って、とが廃止されて府県制に統合され、同法は道府県制と改称された 畿内七道(きないしちどう)とも呼ばれた
ただし、都道府県のうち、都は、特別区に対する一定の調整権限を有することが特徴的である 江戸時代を通じてに統一方針があったとは認められず(そもそも「藩」という呼称自体が当時の正式なものではない)、名(例えば「鹿児島藩」)、名などの広域地名(例えば「薩摩藩」)、藩主の姓(例えば「島津藩」)のいずれを称するかは定まっていなかった
定数は2019年(元年)8月時点 都道府県の区域の一部を分けて、都道府県を新設する(分立)
:昭和戦後期• (明治36年)11月には第一次により決定され 、翌(明治37年)4月をもって施行される予定であった 当時、北海道庁の管轄域を「北海道」と呼んだが、「北海道」は単なる地域呼称・名であり、現在のような「道」という自治体名ではない(編入されたにおけるの命名法と共通する)
なお、海外から日本へ郵便物を送る場合、日本へ送ることを示しておけば住所を漢字で書いても届きます 国道411号線「青梅街道」や国道413号線「道志みち」はなかなか通な選択だ
2