近鉄 ひ の とり。 伊勢志摩【近鉄浜島カンツリークラブ】(公式)

選定に当たっては赤以外の色も検討したが、青は伊勢志摩への観光特急「しまかぜ」が使っており、「スピード感があり、先進的な色という理由でメタリックレッドに決まった」と近鉄鉄道本部の深井滋雄・技術管理部長が明かす そこで、ひのとりはスピードでも料金でもなく、「快適さ」を売り物とした
所要時間では新幹線にかなわないものの、「プレミアム車両」でも新幹線より安く利用でき、名古屋から難波へ直結する「ひのとり」のメリットは大きい レギュラーシート ・近鉄名古屋〜鶴橋・大阪上本町・大阪難波 乗車券2410円+特急料金1930円+ひのとり特別料金200円 ・近鉄名古屋〜大和八木 乗車券2050円+特急料金1640円+ひのとり特別料金200円 ・津〜鶴橋・大阪上本町・大阪難波 乗車券1720円+特急料金1340円+ひのとり特別料金200円 名古屋~新大阪は、東海道新幹線で5940円(自由席)です
また純電気ブレーキを採用し、各軸滑走防止制御機能を装備してブレーキ距離の短縮を図っている 1両に21席しかない限定のシートです! プレミアムシート 特急列車の座席といえば、1列に4席あるのがスタンダードです
また、サ80300形(6両編成の4号車、8両編成は6号車)に車椅子とオストメイトに対応した多目的トイレが設置されており 、通常のトイレ同様に温水洗浄便座を設置 ロッカーと荷物置きスペースを合わせて6両編成で36個、8両編成で52個のスーツケースを収納できる
遅ればせながら初乗車してきました ひのとりには車内販売がないので、駅で飲み物や食事は買っておきましょう
96