コロナ 飲み 会 断り 方。 オンライン飲み会の断り方が難しすぎる|意識高い系中島|note

やはり個人的には、 「基礎疾患持ちで高齢者の親がいて、医者から家族も含めて飲み会なんか行くな!ときつーく止められているので」の複合業が一番効果的だったかな・・・と実感しています。 誘ってきた相手の最大の関心ごとは「YesかNoか」ですから、 まず最初に「No」と伝えるのが鉄則です。 なにかと使いがちな「体調不良」ですが、そろそろ他の断り方を覚えたいです。 そもそも社会人として、やはりドタキャンはまずいと思うので。 「この人はこんなことが苦手なんだな」「この人は人間関係に対してこんな考えを持っているんだな」などと、 互いの考え方や価値観を知り、相互理解を深めるきっかけにもなりえるのです。 もしそうなれば、本当に飲み会どころではなくなってしまいますよね。 なるほど。 ちなみに 断り方で共通することは、相手の気持ちを傷つけないようにするのがベストなので「事情があるんですよ〜」って感じの言葉をいう事です。 第一、本当に体調が悪かった時に疑われるというリスクも? では、うまく誘いを断っている人は、どのように断っているのでしょうか。
48

それは「断り方」だ。

中には「行ってみたら楽しかった」「思わぬ縁がつながった」飲み会もあるかもしれませんが、気が進まない飲み会に行っても時間とお金の無駄というもの。

ですが、これは個人的な意見ですが、同調圧力が強い日本では、リスク回避のために時として覚悟を決めて対処する必要があると思います。

そんなプライベートの時間に食い込んでくるのが、上司や先輩、取引先からの飲みの誘い。

ただ、仕事仲間から飲み会や会食に誘われることがあるかもしれません。

現在のところは予定通り準備を進めておりますが、今後の新型コロナウィルス感染症の広まりによっては、延期もしくは中止になることも考えられます。

やはり 「別のオンライン飲み会が被ってて」という回答が多い。

その代わりに「相手を気遣う一言」を付け加えましょう。

この公式をアレンジすればほとんどのケースに対応可能です。

政府も「不要不急の外出は控えて」と。

57