医療 機関 薬局 等 における 感染 拡大 防止 等 の 支援。 新型コロナウイルス感染症対策に係る国の令和2年度第2次補正予算を踏まえた「医療従事者への慰労金」・「医療機関等における感染拡大防止等支援事業」について(随時更新)

無床診療所(群馬県内に所在する保険医療機関に限る。 カード払や振込などで領収書がない場合は、ア)何を購入したのかわかる資料(請求書の明細など)、イ)いくらで・ウ)いつ引き落とし(振込)されたのかがわかる資料(通帳のコピー等)で代用可です。 冒頭、同常任理事は、新型コロナウイルス感染症への対応が長期化する中で、国民の健康と安心につなげるため、医療機関への支援については、「診療体制の維持に資するよう、できる限り使い道を限定しない補助金による継続的な支援が重要である」とした上で、同事業について、「かねてより補助の対象となる経費が感染防止対策に限定されるのではないかとの疑義があったが、以下のような経費も対象となり得ることが明確となった」ことを明らかにし、補助対象となり得る経費の例について、以下のとおり説明した。 4、消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告は提出期限は以下のとおりです。 実績報告の提出先及び提出方法(国保連経由の申請、京都府慰労金・支援金事務センターへの直接申請を問わず)京都府慰労金・支援金事務センターまで郵送 により提出してください。 <外部リンク> その他関係事業 介護施設等に係る新型コロナウイルス感染症対策に係る慰労金・補助金 (1)介護施設等従事者慰労金(新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業) 下記のいずれにも該当する方が給付対象です。 消費税仕入控除税額確定後の報告様式につきましては、今後、ホームページ等で周知するので、必ず参照してください。 本補助金は、新型コロナウイルス感染症を疑う患者受入れのための救急・周産期・小児救急医療提供体制確保事業に係る補助金と重複して申請することは出来ません。 また、人件費がある場合は「人件費用勤務証明書」に記入のうえ提出してください。 〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1 神奈川県医療課 医療整備グループ 支援金担当 あて 「支援金実績報告書在中」 提出された実績報告書をもとに県が支援金の精算額が確定し(概ね令和3年5月末)、かつ各医療機関等が本件支援金にかかる税務署への確定申告を終えたあとに、消費税仕入れ控除税額報告書(様式6号)の提出が必要です(令和4年6月30日まで)。
以下同じ 詳しくは申請マニュアルをご確認ください
領収書等の、ア)支出内容(何に対して支出したのか)、イ)金額、ウ)支出日が証明できる資料を用意してください 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)[薬局関係] 令和2年度の国の補正予算において、新型コロナウイルス感染症への対応として緊急に必要となる感染拡大防止や医療施設・薬局等の体制整備等について、都道府県の取組を包括的に支援するため、「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援金(医療分)」が創設されました
このため、差額が生じないよう、受領した資金を早期に活用し、感染拡大防止対策等に万全を期してください 令和2年度第二次補正予算に盛り込まれた「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)」の一つ「 医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」の申請受付が7月より開始されています
) 905,000円 2分の1 消毒に要する経費 600,000円 2分の1 その他、事業の詳細、申請方法等については、薬務水道課薬事麻薬係まで 電話番号:058-272-8285 関係通知等• 具体的には、今後感染防止対策等にかかる支出を予定していない場合や、既に感染防止対策等でかかった経費が補助上限額を超える場合、精算交付申請を行うことができます サービス利用休止中の利用者へサービス利用再開に向けた調整を行った居宅介護支援事業所 介護施設等に対する慰労金・補助金に関する問い合わせは、コールセンターまで 電話番号:058-272-8305 受付時間:平日9時00分〜17時00分. 補助対象事業 新型コロナウイルス感染症の感染により休業を余儀なくされた薬局の継続又は再開時に必要な設備の整備及び施設等の消毒(令和2年4月1日から令和3年3月31日までに実施したものに限る
〔あて先〕 〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1 埼玉県庁 感染症対策課 企画・宿泊療養担当 行き 8 留意事項 〇事業に要した経費・品目が分かるように領収書等は必ず保管しておいてください 10問い合わせ先. (2)感染症対策事業者支援補助金(新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業) 令和2年4月1日以降に、下記に該当する事業所が対象となります
)には、 遅くとも補助事業完了日の属する年度の翌々年度6月30日までにを提出して下さい 申請書の提出方法は、リンク先説明を御参照ください
実績報告書の記載にあたっては、マニュアルを申請前に必ずご一読ください なお、薬局の場合は、「薬局の所在地」「薬局の名称」「法人の名称」及び「代表者の職名と氏名」を記載してください
9 交付要綱等 〇 〇 [オンライン請求用、WEB申請用] [紙申請用] 〇 〇 〇 10 Q&A集 11 お問合せ先 (1)支援金交付事業の制度に関すること(申請書の作成方法、対象経費等) 担当部署:厚生労働省医政局 新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター 電話番号:0120-786-577 受付時間:平日の9時30分から18時 (2)埼玉県における制度運用について 埼玉県への実績報告に関するお問合せについては以下までお願いします 県医療課宛に「支援金実績報告書在中」と封筒に赤字で記入の上郵送でご提出ください
補助対象事業 派遣先医療機関・薬局に薬剤師の派遣(新型コロナウイルス感染症に感染した薬剤師が、その治療又は就業制限のため派遣先医療機関・薬局において業務に従事することができない期間に限る 申請様式 - 下記のとおり 2. 松本吉郎常任理事は、厚生労働省が実施している「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」について、補助対象となる経費が、日本医師会の働き掛けにより、従来からの厚労省による例示に加え、より幅広く具体例をもって明確化されたことを報告した
(掲載期間 令和2年7月8日(水曜日)~10月11日(日曜日)) 講義のも掲載します )への申請となります