ナゲッツ 対 レイカーズ。 バックスが突破に王手…レイカーズとナゲッツは勝利数で一歩リード/NBAプレーオフ

その感覚をまた味わいたいと思っている。 2012-13シーズンは、ディフェンスに優れ、勝負強さも併せ持つの補強が功を奏し、球団記録の57勝を記録したが、終盤で好調が前十字靭帯断裂の悲運に見まわれ、勢いを増しつつあるにアプセットされ、またしても1stラウンドの壁に跳ね返される結果に終わり、はを受賞しながら解任された。 歴代ヘッドコーチ [ ]• ファールトラブルもあって誰も手を出せず そして残り2分半でレブロンがトドメのミドルで11点差。 405 ディビジョン準決勝敗退 4, デンバー 3 1972-73 47 37. 529 1回戦敗退 4, ナゲッツ 1 2004-05 49 33. 一方のヨキッチはデイビスがマークマンだった9分24秒でフィールドゴール3本とフリースロー6本の計12得点に抑えられている。 結局悪い流れは変わらず、30勝52敗で終了し、2年連続でプレーオフ進出を逃した。
36
今季のプレイオフでは1勝3敗から2度勝ち上がり、2位シードのロサンゼルス・クリッパーズを倒し、自信と勇気に溢れる姿を見せている。 それがレイカーズ対ナゲッツという対戦カードになったことで、拍子抜けした方もいるだろう。 これは、や10秒ルールなどが適用され、試合のテンポを早める工夫がされる前である。 :1995-1997、1998-2002• 1994• このチームは自由にプレーしているし、互いのためにプレーして勝利を収めている。 c AFP. ナゲッツの武器はニコラ・ヨキッチとジャマール・マレーを中心とした破壊力のあるオフェンスである。 598 1回戦敗退 4, ナゲッツ 1 2005-06 44 38. 1948年、所属していたNBLとBAAが合併、 NBAが結成される。 707 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 NBAファイナル敗退 レイカーズ 3, 0 レイカーズ 4, 1 レイカーズ 4, 2 4, レイカーズ 1 1991-92 43 39. 659 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 ナゲッツ 3, 2 4, ナゲッツ 2 1988-89 44 38. しかし、コービーがレギュラーシーズン終了5日前の戦でアキレス腱を断裂、プレーオフは絶望的になった。
4 67