日本 の 総 人口。 総人口1億2,622万人、5年前より86万人減…国勢調査速報

数値は2019年時点のもの 5年前の2015年と比べると、86万8,000人減少した
日本の人口は約1億2610万人で世界11位 上位20カ国のうち15~20年に人口が減少したのは日本だけだった
一方で、出生率下位の都道府県を見ると、北海道がワースト2位、宮城県がワースト4位に入ったほか、都市部とは言えない秋田県がワースト6位の1. 81 2007 平成19 127,750 1,089,818 1,108,334 -18,516 8. 上表の数値は、2009年11月1日現在(確定値)のもの 43 2018 平成30 918,397 1,362,482 -444,085 1. 36 2020 令和2 840,832 1,372,468 -531,816 6. 44 2017 平成29 946,060 1,340,433 -394,373 1. 東京、神奈川、、千葉の首都圏4都県は、この5年間で計80万8千人増え、全人口の約3割を占める
前回の統計では10位だったが、今回メキシコに抜かれ順位が1つ下がった 05 2009 平成21 127,550 1,070,036 1,141,865 -71,829 8. 増加率がもっとも高いのは東京都4. 各国の人口は、中国14億3,900万人、インド13億8,000万人、アメリカ3億3,100万人と続いており、日本の人口は世界11番目となっている
61 1967 昭和42 100,725 1,956,725 679,797 1,276,928 19. 29 2004 平成16 1,110,721 1,028,602 82,119 1. 9 1902 明治35 44,964 1,570,000 965,000 605,000 32. 22 1993 平成5 124,829 1,188,282 878,532 309,750 9. 00となる) 32 2007 平成19 1,089,818 1,108,334 -18,516 1. 41 2013 平成25 127,150 1,029,817 1,268,438 -238,621 8. 7 1906 明治39 47,038 1,461,000 962,000 499,000 29. 4 1904 明治37 46,135 1,500,000 1,005,000 495,000 30. 89 1980 昭和55 116,807 1,576,889 722,801 854,088 13. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります
2 1911 明治44 49,852 1,821,000 1,050,000 771,000 34. Japan Monthly Statistics• 6 1944 昭和19 73,865 2,149,843 1,279,639 870,204 29. 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(16. 27であった 99年で、前回2010 平成22 年の完全生命表と比較して、男性は1. さらに少し下にはフィリピンが13位に入っている
8 1900 明治33 43,847 1,470,000 916,000 554,000 31. 0 1901 明治34 44,359 1,557,000 931,000 626,000 33. 7 1929 昭和4 63,461 2,077,000 1,261,000 816,000 32. 2019年時点では1. 3%にのぼる また、1980年(昭和55年)ごろまでは、20代後半で産む割合が5割以上であったが、それ以降減少し、2003年(平成15年)には30代前半よりも低くなり、2009年(平成21年)には、約3割にまで減少している
3 1922 大正11 57,390 1,969,000 1,287,000 682,000 34. 7 1921 大正10 56,666 1,991,000 1,289,000 702,000 35. 98 1995 平成7 125,472 1,187,064 922,139 264,925 9. 96)にまで減少した 94人まで低下した
2
80 1950 昭和25 82,900 2,337,507 904,876 1,432,631 28. 年 総人口 [千人] 出生数 死亡数 自然増減数 1000人 あたりの 推計出生数 1000人 あたりの 推計死亡数 1000人 あたりの 自然増減数 合計特殊出生率 出生数 1000人 あたりの 幼児死亡数 平均寿命 男性 平均寿命 女性 1899 明治32 1,386,981 32. 日本の出生数 棒グラフ,目盛左 と合計特殊出生率 折れ線グラフ,目盛右 46 1947 昭和22 78,025 2,678,792 1,138,238 1,540,554 34. ただし、2006年以降は長期統計系列と人口推計の数値が異なっており、ここでは人口推計の数値を使用している
日本人については海外滞在期間90日以内出入 帰 国者を、外国人については国内滞在期間90日以内の者を除いている 2 1940 昭和15 71,540 2,100,164 1,176,517 923,647 29. 上位20カ国のうち15~20年に人口が減少したのは日本だけだった
人口が多い・少ないは大きな問題ではないと思いますが、これほどまでの「急激な減少」を経験した国家は歴史上他になく、どのような問題が起こるのか、世界が注目することは間違いありません 87 1965 昭和40 98,883 1,844,452 705,363 1,139,089 18. UNFPAが発表した2021年版の世界人口白書(State of World Population)によると、人口が最も多い国は中国で約14億4420万人だった
人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)結果の要約 全国人口 総人口は27万6千人の減少 総人口,日本人人口ともに9年連続の減少• 9 1905 明治38 46,620 1,517,000 1,047,000 470,000 30. 一方、最下位の東京都が1. 本統計でもエジプトが1億人を超えており、人口が1億人を超えている国は14カ国となっている 都道府県別では、41都道府県で世帯数が増えており、増加率は沖縄県の9. 少子化傾向は都市部に顕著で、(平成16年)7月の「平成15年人口動態統計(概数)」によれば、最も合計特殊出生率が低い東京都は全国で初めて 1. 概要 [ ] の総人口は2020年10月1日時点で125,708,382人である
JAPANは、今後もユーザーに新型コロナウイルス感染症を正しく理解し、対策してもらうためのきっかけを提供するとともに、一日も早い収束に向けて、さまざまな取り組みを実施してまいります 5年ごとの人口増減率の推移をみると、1945年~1950年はいわゆる第1次ベビーブーム等により15. 柳沢房子「」『レファレンス』、国会図書館、2007年11月、
05 2009 平成21 127,550 1,070,036 1,141,865 -71,829 8. 総人口は15年に国勢調査として初の減少を記録 44 2010 平成22 127,430 1,071,305 1,197,014 -125,709 8. 19ポイント)が最も拡大しています
ちなみに、1947年 昭和22年 の合計特殊出生率は4. 日本はに突入している 2012年2月21日, at the. International historical statistics: Africa. 0 1903 明治36 45,546 1,552,000 936,000 616,000 32. 58 1972 昭和47 107,188 2,059,533 688,788 1,370,745 19. 人口上位8都道府県(東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、埼玉県、千葉県、兵庫県、北海道)の人口は6,402万6,000人で、全国の50. 5 1927 昭和2 61,659 2,061,000 1,214,000 847,000 33. 0 1941 昭和16 72,750 2,260,270 1,140,428 1,119,842 31. 85ポイント上昇している
31 1975 昭和50 111,573 1,901,440 702,275 1,199,165 17. 道府県別で減少率が最大なのは秋田の6・2% 2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 2011年6月13日閲覧
国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国のもっとも重要な統計調査で、5年ごとに実施される 2011年6月13日閲覧