確定 申告 スマホ。 スマホ × 確定申告 スマート申告始まります!|国税庁

その際にも、スマホだけでも申告が可能ということです。 サラリーマンやパート・アルバイトといった給与所得者が医療費控除を受ける場合、次の書類が必要です。 マイナンバーカードに対応したスマートフォンとは、かざすことでマイナンバーカードの情報を読みとれる機種のことであり、どの機種が対応しているかは国税庁のホームページで確認できます。 受付結果を確認しましょう。 雑所得:年金、副業収入(FX、株、原稿執筆FXなど)• まとめ 所得税の仕組みをよく理解していれば、パソコンやスマホを使って確定申告することはそれほど難しいことではありません。 (1)源泉徴収票の情報 入力欄には給料所得、公的年金、雑所得、一時所得があり、自分に該当する項目の入力を行います。 所得税率は、所得から所得控除額を差し引いた金額である、課税所得に対して適用されます。 というわけで、原稿執筆による事業所得がある私は、スマホだけでの確定申告はできないということです。
57
初心者にもわかりやすいシンプルで迷わず使えるデザイン. Step1 確定申告に必要な書類を準備する Step2 準備した書類をもとに確定申告書を作成する Step3 完成した確定申告書を提出する ただし、スマホ申告では、確定申告書を作成する前に申告に関する質問に回答しなければなりません そのあたりも含めて、今回の記事では説明していきたいと思います
というのも、マイナンバーをかざしてマイナポータルAPを使った後、再びSafari 確定申告書等作成コーナー に戻るときに、戻るタブがわかりにくくなるためです 他者から悪用される可能性もゼロではないため、発行後は自身の責任で管理しましょう
自宅にプリンターがない場合はコンビニエンスストアのプリントサービスを利用して印刷が可能です 所得税の仕組み パソコンやスマートフォンで確定申告を行う際に分かりにくさを感じるのは、所得税の仕組みを理解していないからかもしれません
還付申告は事由が生じた年の翌年1月1日から5年間提出できます 医療費控除または寄附金控除を受けているかどうか 前の質問の回答内容によっては、医療費控除または寄附金控除を受けているかどうかという質問がされます
納税意識の向上にも、所得税の確定申告が身近になるのはよいことではないでしょうか 提出方法を選択 提出方法として、「マイナンバーカード方式」、「ID・パスワード方式」、「書面」のいずれかを選択します
なお、この入力事例では住宅ローン控除の記載についてはふれていませんが、住宅ローン控除の適用を受けている場合には• そのためここではスマホで確定申告書類を作成する方法と、提出する方法についても解説していきます その後、収入や控除について質問に答えます
スマホでの確定申告に必要なもの スマホで確定申告を行うためには、以下が必要です これでバイト先が年末調整をしっかりとしてくれない会社だったりすると、自分で確定申告をする必要があります
先に発行された通知カードは利用できないので注意しましょう 3-1.確定申告書等作成コーナーを利用し書類の作成のみを行う場合 PC画面に遷移した場合、PC版の確定申告書等作成コーナーを利用するのと変わらないため、今回はスマホ専用画面の場合のみに限定しています
公的年金• さらに、暗号化されたデータを保存するサーバーへのアクセスについては制限を設け、厳重な管理、運用を行っております 医療費の明細書• 運転免許証など本人確認書類を持ち、早めに税務署に行きましょう
当初は取り扱うことができる収入が年末調整1ヶ所の給与所得のみ、控除は医療費控除と寄付金控除のみであるなど、かなり利用者が限られていました なぜなら確定申告書等作成コーナーは手書きの確定申告書を電子版にしたようなものなので、確定申告に慣れていない方がゼロから入力するのは難しいといえます
91