小生 意味。 誤用の多い「小生」の意味と使い方、正しく使うポイントや例文を紹介

したがって、「小生」は友人や同僚などといった「自分と対等な立場の相手」、あるいは「自分より目下の相手」に対して使います。

「小生」は、男性がへりくだって使う一人称! 女性は使わないのがビジネスマナー 国語辞典の定番『大辞泉』によれば、小生は、残念ながら女性が使う言葉ではないようです。 打ち解けた同僚同士が限界でしょう。 小職という言葉は、ある程度の役職についている人が自分の就いている役職について控えめに表現したい場合に使う言葉です。 「小生」という言い方は、年配の人が使っていることには違和感もないですが、若い年代が使うと周囲からは「自意識過剰」「小生意気」な印象を与えてしまいます。 したがって、「小生」は友人や同僚などといった「自分と対等な立場の相手」、あるいは「自分より目下の相手」に対して使います。 辞書に載っている言葉なので、使っても間違いではありません。 もし勤務先や取引先でそのような方針が取られている場合、その風習に従ったほうがよいでしょう。 小生のように聞いたことはあるけど、意味や使い方を知らない言葉は多く存在するため、色々な言葉の意味を理解し、言葉の幅を広げていくのも人との会話が楽しくなるポイントになります。
26 67